制度・環境

Working environment

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社(以下、SDNA)は、エンジニアの活躍をサポートする制度・環境の実現を目指しています。

エンジニアとしての
モチベーション

  • 自己実現
  • 成長意欲
  • 会社貢献

活躍

  • サポートする
  • 報いる
  • 持続させる

勤務制度

働き方

生産性や創造性を高めるため、社員が自身の力を充分に発揮できる柔軟な勤務スタイルを導入しています。

Basic Style(月間フレックスタイム制) 

月間所定労働時間と、コアタイムが設定されている勤務スタイルです。
始業・終業時刻を選択することができるので、その日の業務内容に応じて労働時間を調整するなど、柔軟に働くことが可能です。

Casual Style(裁量労働制)

業務遂行の手段や方法、時間配分等を大幅に社員にゆだねている勤務スタイルです。
最も効率よく行えるように、社員自身で自分の業務の進め方を決めています。

社員の声

  • 子供を保育園に送ってから出社することができるので助かります。
  • 平日に好きなアーティストのライブがあり、がんばって仕事を調整。早めに退社し楽しめました!
  • 製品リリースが近くなると忙しいのですが、リリースしてしまえば落ち着くので、1週間くらい休みをとって旅行にいきます。

フレキシブルワーク制度

オフィスだけでなく、自宅や実家・サテライトオフィスで勤務可能な在宅勤務制度「フレキシブルワーク制度」があります。

丸1日取得することもできますし、時間単位でも取得することができ、「午前中の2時間だけ在宅勤務」や「午前中はオフィス、午後は自宅」で勤務、という働き方が可能です。
申請は簡単で、前日17時30分までに上司にメールを送り、承認を貰えば完了です。
終日取得の場合は週3回まで。時間単位の場合は無制限で取得可能です。

社員の声
  • 自宅で集中して仕事ができるので、業務の内容によって上手く活用しています。
  • 子供の帰宅時間に家にいられるので安心して仕事ができます。
  • TV会議でコミュニケーションをとるなど、思っていたよりも使いやすい制度でした。

休日・休暇

休日(土・日・祝祭日など)は年間125日。
休暇として、年間20日の年次有給休暇の他に、育児休暇、結婚休暇、慶弔休暇があります。

社員が取得するお休み(休日+休暇)の平均日数は、年間約141日となっています。
休日が125日、休暇が15.86日(平均)となっています。

社員の声
  • 比較的、休暇の申請はしやすい雰囲気です。
  • 業務の繁閑に合わせて計画的に取得すれば、2週間程度の長めの休暇も可能です。

育児制度

育児関連制度をご紹介します。

産前休暇
出産予定日を含め、産前8週間
産後休暇
産後8週間
育児休職
子どもが満1歳に達する日の翌年度の4月15日、または、子が満1歳2ヶ月に達する日の月末までのいずれか長い期間取得可能
育児休暇
20日間の有給休暇(男性も取得可能)
社員の声
  • 最初は取れるのか不安でしたが、しっかり取得でき、元の職場に戻ってこられました。
  • 取得すること・戻ってくることが当たり前の環境なので安心して取得できました。

環境・取組み

働く環境

SDNA本社と品川・大崎・厚木にあるソニーの事業所が主な職場です。

オフィス内は、プロジェクトごとにパーティションで仕切られているところもあれば、フロア全体がフラットに解放されているところもあります。

開発で使用する機材は必要に応じて用意しますが、最新のソニー製品に囲まれて仕事をすることもあります。

また、各職場には、同じ建物内か、近くに社員食堂があります。
オフィスによっては、コンビニ、ATM、クリニックなどが併設されており、いずれもソニーグループの社員は気軽に利用することが出来ます。

社員の声

  • 会社説明会のとき「このオフィスで働きたい」と思ったが、想像よりもきれいで快適です。
  • 中途入社の私としては、デスクが広く、いつも新しい機材を使えることに驚きました。
  • 同期や職場メンバーとお昼にいくことが多いです。

働き方改革

ソニーグループでは共通の取り組みを行うなど、一体となって「働き方改革」を促進しています。
具体的には、以下の取り組みを行っています。

  • 毎週水曜日は定時退社デー
  • 会議は原則18時まで
  • 上司から部下へのメールは、8時から22時の間に送ること

社員の声

  • 計画的にプライベートの時間が確保でき、無理なく働くことができています。
  • やってみると、ダラダラと遅くまで働くことが少なくなり、メリハリがついた気がします。

教育/育成

キャリア

配属(入社時)

入社された時の最初の希望は大切にしたい。
また、配属先で活躍し、その後の成長につながる経験が積めることも重要であると考えています。
そのため配属は、本人の希望・技術志向・職場のサポート体制などを考慮して最終決定します。

Career Vision(将来のキャリアを考える)

一人ひとりの社員が将来どういった分野で力を発揮したいかを上司と話し合う<Career Vision>というシステムがあります。
本人の希望と会社の期待、その両方のバランスを考慮しながら、業務のアサインに役立てています。
社員の役割を限定しない多様なキャリアの実現をめざしています。

研修

新入社員研修

入社して先ず学ぶこと。
それはプロのエンジニアとして開発を行うための「技術基礎教育」と、チームの中で成果を出すための「ヒューマンスキル研修」です。

「技術基礎教育」では、C++言語を中心としたプログラミング言語や、設計を行うためのオブジェクト指向、「ヒューマンスキル研修」ではチーム活動の基本となるコミュニケーションスキルや新しい技術、業務の進め方など様々なことを<学ぶための技術>を学んでいきます。

配属後はOJT。プロジェクトごとにチューターが自立と定着のためのサポートをします。

Meisters

社員同士の情報共有、自己学習促進を主軸に置いた人材育成活動です。運営は有志のメンバーが自主的に行っています。
社内外の講師を招いて、専門性の高い技術の共有や新規技術の展開を行う”Salon”、最新・トレンド技術を共有する”読書会”、その他さまざまな取り組みが行われています。

フォローアップ

Challenge & Review(業務の目標と成果を確認する)

個人が成長を遂げるには、果敢にチャレンジしていく姿勢が不可欠。
<Challenge & Review>というシステムを導入し、一人ひとりのチャレンジを後押ししています。
具体的には、プロジェクト開始時には必ずチャレンジする目標を設定。その際、個々の社員に期待される役割と達成すべき事柄も明確にされます。
さらにプロジェクト終了時にはその成果など確認・検証する場を設け、個人の成長を促す材料として活用しています。

福利厚生

スタートアップサポート

入社時にかかる負担、特に働くための住まいをととのえる際にサポートする制度です。

入社支度金
入社に向けて活用して下さい。金額は敷金+礼金を目安にしています。
相談窓口
先輩社員の実例なども紹介。不慣れな部分、不安な点をソフト面でケアします。
交通費
お部屋探しのための交通費を2回を限度に支給します。
引越し
特殊なものを除いて、費用は会社が負担します。

ソニーグループの福利厚生

ソニーグループ共通の福利厚生サービスを利用することができます。
持ち株会や団体保険などの資産形成・保険関連のサービスやクラブ活動、ソニーファミリーデーなどの社員や家族との交流イベントがあります。資産形成ではファイナンシャルプランナーや会計士、介護支援の面では介護福祉士などに相談することも可能です。

  • 持ち株会
  • 団体保険(GP保険)
  • ファミリーデー
  • クラブ活動などグループ交流あり
  • FP相談室

社員の声

  • 会社で入ることができる保険なので手続きも簡単、安心して活用しています。
  • クラブ活動で新たな仲間ができ、仕事の人脈も広がりました。