事業内容

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社は、ソニーのビジネス戦略に沿ったコア技術・高付加価値技術でグループをリードし、技術の架け橋として、感動価値の創出に貢献し続けています。

事業領域

プレイステーション®

プレイステーション®では、オンラインプレイなどさまざまなネットワークサービスを享受することができます。
プレイステーション®のコミュニティにおいて、すべてのプレイヤーが楽しい時間を過ごせるように、当社はソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のソーシャル機能の開発に協力し、さらなる感動の創造に貢献しています。

ネットワークサービス

ソニー・ミュージックソリューションズが運営する、”トーク”と”レター”で憧れの人とつながる新しいコミュニケーション・サービス。
ここだけでしかみることのできないメッセージがみられたり、ファンレターを送ることができます。
まるで本人とやりとりしているような特別感があり、ファンの方にとってうれしいサービス。

サーバーシステムの開発だけでなく、連携するスマートフォンアプリの開発、システムの運用までの全体を担当しています。
要求分析から実装・リリースまでのシステム全体の開発を一手に引き受けているため、要望に対してよりよい提案ができ、迅速な対応ができます。
コンスーマー製品だけでなく、エンターテイメント領域でもソフトウェア開発でソニーグループに貢献しています。

レターが送れる(メンバーにファンレターを送信)

スイミング

ソニーネットワークコミュニケーションズが開発したスマートスイミングレッスンシステムは、ソニーのセンシング×AIの力でスイミングスクールの体験価値を向上させるサービスで、大手スポーツクラブへ導入されています。

当社では、重点技術領域を担う自社AIチームと連携し、泳いでいる人を認識してズーム・追従したり、自動でカメラを切替え印象的な動画を生成するといったソフトウェアを開発しています。 他にもスマートテニスレッスン、スマートゴルフレッスンなど、ソフトウェア開発でソニーのスポーツエンタテインメントサービスの発展に寄与しています。

センシング

ソニーセミコンダクタソリューションズではセンサデバイスの販売のみならず、IoTシステムやセンシングシステムとしてのサービス提供も行っています。

当社では、センサデバイスの性能を活かし、データに付加価値をつけサービスとして提供するため、制御ファームウェア、アプリ、エッジ・クラウドでのデータ処理、タブレットアプリなどさまざまな側面からソニーのエンジニアと共にソフトウェア開発に取り組んでいます。

センシングシステム(ヒートマップ、消費者行動把握・分析・欠品検知、混雑検出、分析)

メディカル

ソニーでは、高性能カメラで培ったイメージング技術を活用した機器など、さまざまなメディカル製品やシステムを開発しています。

当社では、再生医療研究や遺伝子/免疫研究などに利用されているフローサイトメーターの開発においてアプリ開発を担当、メディカル機器に求められる厳しい品質基準に対応したソフトウェア開発を担当し、ライフサイエンス分野の発展を支えています。

サービスデザイン

プロダクトはサービスの一部あるいはサービスそのものという考え方があります。全体最適のためのサービスデザインと個別品質のためのソフトウェアエンジニアリングの両立によって、ソニーの感動価値を、感動品質で提供することを目指します。

サービスデザインの専門チームの役割

きちんと作り上げたプロダクトが、事業活動としてのサービスと顧客を繋ぐ大切な接点(タッチポイント)として機能することが私たちのゴールです。事業者と顧客双方が享受できる価値を探り、それを自分事化・見える化・触れる化する技術で、関係者を導きながら実現していきます。

主な提供技術

  • 価値を自分事化する デザインリサーチ・協創ワークショップ
  • 価値を見える化する ストーリーボーディング・体験マッピング
  • 価値を触れる化する プロトタイピング・ユーザビリティ評価
  • 価値の実現に向けた サービス設計・UI設計

オーディオ

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現するヘッドホン、高音質を突き詰めたウォークマン、それらをスマートフォンからコントロールするアプリなど、ソニーのさまざまなオーディオ製品のソフトウェア開発に携わっています。

これまで培ってきた技術力やノウハウを活用し、要件定義・仕様設計・ソフトウェア設計・検証・量産立ち上げと、ソフトウェア開発の幅広い領域において、ソニーのものづくりに貢献しています。

カメラ

レンズ交換式デジタルカメラのα(アルファ)やVLOGCAMといったソニーのデジタルイメージング機器、イメージセンサーや信号処理技術、レンズなどソニー独自の技術を結集し、多くの製品を提供してきました。

カメラの要ともいえるオートフォーカスや手振れ補正などのカメラ制御、コーデック等のミドルウェア、プロのワークフローをサポートするPCアプリ開発など、広い分野でソニーのエンジニアとともに開発に取り組んでいます。これまで当社が開発に関わってきた製品のノウハウを活かし、常に完成度の高い製品づくりを目指します。

テレビ

ソニーの Android TV BRAVIAはこれまでのよりよい画質に加え、ネット動画の視聴も簡単に。

ソフトウェア開発を行っており、TV 視聴画面や番組表などの大型アプリから、各種設定・ユーティリティー系アプリまで数多くのアプリ開発を担当。 また、TV 視聴を実現するためにかかせない、放送ミドルウェア開発も行っており、TV のソフトウェア開発にさまざまな側面から貢献しています。 ユーザーにとっての使いやすさを追求し、こだわりをもって開発を行っています。

担当する開発領域

当社では、常時90近くのプロジェクトが進行しており、ソフトウェア開発のほぼ全工程をカバーしています。
どの開発領域からでも担当することができ、また多様な案件に関わることができるため、幅広い技術を持ったエンジニアが在籍しています。

ソフトウェア開発プロセス。商品・サービス企画、要件定義、基本設計、詳細設計、実装、検証のうち、参加するPJによりどの開発領域からでも担当が可能。例えば、プロジェクトAは商品・サービス企画、要件定義、基本設計を担当、プロジェクトBは要件定義、基本設計、詳細設計、実装、検証を担当、プロジェクトCは要件定義、基本設計、詳細設計、実装を担当、プロジェクトDは実装、検証を担当しています。

当社の事業における大きな強みは、「さまざまなソニー製品・サービスに関わることができる」という点です。
ソニーのグループ会社から仕事を請けますので、ソフトウェア開発という軸でさまざまなソニー製品・サービスに横断的に関わっています。
下図は当社エンジニアが関わったプロジェクトの変遷です。

エンジニア A

さまざまなプロダクトやサービスで得た技術を活かし、再利用可能な品質で設計を行う。

経験領域

メディアアプリ群 / BRAVIA(Android TV)/ 櫻坂46 メッセージ / 日向坂46 メッセージ など

メディアアプリ群(技術レイヤー:アプリケーション開発(Androidアプリ設計)、ミドルウェア(メディア制御)、OS(AndroidOS))からアプリ設計の域を超え、製品全体を見るアーキテクトとしてBRAVIA(AndroidTV)ではAndroidTV開発(技術レイヤー:アプリケーション、ミドルウェア、OS)への参画からクラウドサービスの開発を経て、クラウド関連技術をキャッチアップしながら設計ノウハウを再利用し、櫻坂46メッセージ、日向坂46メッセージ(スマホアプリ)でのクラウドサービス(技術レイヤー:クラウド)開発担当へ

エンジニア B

ソニーの先進的な要素技術を応用し、新しいビジネス・顧客体験の具現化を行う。

経験領域

ソニーの研究開発 / ブルーレイディスクレコーダー / Video & TV SideView

ソニーの研究開発(技術レイヤー:ミドルウェア(ソニーのP2P技術))からコアな研究に付加価値を与え、事業の求める製品品質に仕上げ、ブルーレイディスクレコーダーの開発(技術レイヤー:ミドルウェア(ソニー製P2Pライブラリ))から、Video & TV SideView(技術レイヤー:ミドルウェア(ソニー製P2Pライブラリ))の開発担当

※ソニーのP2P技術
専用のサーバーを介さず、機器同士を直接つなぐP2P技術をソニーが独自に開発。
デバイス認証、暗号化通信、最適な通信経路探索機能などにより、自宅の機器に安全・安心にアクセスできる特徴を持つ。

エンジニア C

新しい技術チャレンジが持続的な成長を促し、蓄積された知恵を次のプロジェクトへと展開する。

経験領域

ウォークマン / Music Center / wena wrist

ウォークマン(技術レイヤー:アプリケーション(UX/UI設計)やMusicCenter(技術レイヤー:アプリケーション(UX/UI設計)の設計で経験則をもとにした一貫性のある設計で顧客の体験価値を高めるとともに、ウォークマン(技術レイヤー:OS(リアルタイムOS))の開発から、wena wristでは(技術レイヤー:OS(リアルタイムOS)から、(技術レイヤー:ミドルウェア(画面表示ルーチン))を担当へ。過去の開発を活かしたうえで新しい技術を遊びながら学ぶのも大切です。

※リアルタイム OS
Real time Operating System(RTOS)。
時間的制約のある処理要求に対して、処理の時間を予測し、実行の優先度付けを行う。
機器間の接続性・応答性が重要なIoT向け組み込み製品などに用いられる。