SONY

SDNAのセミナー・イベント情報

セキュリティ対策、内製化への第一歩


本セミナーは終了しました。

セミナー概要

対象:
Webやアプリ開発を検討されている発注側企業担当者の皆様、
モバイルアプリ開発に携わるマネージャー、プロジェクトリーダー、開発者の皆様、
自社のWebサイト・システムの構築/開発に関わる方、
品質/検収のチェックを担当される方
内容:
自社の求める品質や事業化のスピードを追求するために、今、ユーザー企業の開発内製化が進んでいます。そのトレンドはアプリケーション開発にとどまらず、セキュリティの内製化にも大きな関心が集まっています。ことセキュリティに関しては高コスト・タイトなスケジュールという課題も大きく、その観点からも内製化が求められています。

本セミナーではユーザー企業の皆様がまさに必要としている “セキュリティの内製化のもたらすメリットや実現の手法“ をご紹介いたします。
セキュリティの内製化により可能になるセキュリティ・マネジメント手法や、外部ベンダーへの依存率が高いWeb/モバイル脆弱性診断の内製化手法をご紹介します。
開催日時:
2017年6月21日(水)14:30~16:30
(14:00 受付開始)
会場:
TKPガーデンシティ PREMIUM 神保町
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3丁目 テラス スクエア 3F http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gcp-jimbocho/access/
参加費:
無料
定員:
50名
主催:
株式会社 神戸デジタル・ラボ、ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社
問い合わせ先:
050-3750-1895 (担当:岩野、浅野)

当日のタイムスケジュール

14:30-15:20
モバイルアプリのセキュリティ・マネジメント 入門編

公開後のソフトウェアに脆弱性が発見された場合、対応コストがかかるだけでなく、製品やブランドの信用に関わる大きな問題に発展する可能性があります。
そのため安全なソフトウェアを作るために、公開前の早い時期にしっかりとした対策を行うことが重要になってきます。
本セッションではどのようなタイミングでどのような対策を取りうるのか内製化の視点からご紹介いたします。また、モバイルアプリのセキュリティ内製化を実現するソリューションもご紹介いたします。

(登壇者:ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社 岩野 芳紀)
15:30-16:20
今日から始める!セキュリティ診断の内製化のコツ

ウェブサイトを安全に運用するうえで、セキュリティ診断は欠かせなくなりました。しかしながら、価格や運用体制・サイトの特性など、セキュリティ診断を行うのは簡単ではありません。
そのような状況の中、セキュリティ診断の一部を自社で行うという企業も増えてきています。本セミナーでは、自社でセキュリティ診断を効果的に行うためのコツや注意点などをご紹介します。

(登壇者:株式会社 神戸デジタル・ラボ 松本 悦宜)

登壇者プロフィール

株式会社 神戸デジタル・ラボ
セキュリティコンサルタント 松本 悦宜

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター (JPCERT/CC) にてセキュリティアナリストを経て現職へ。 官公庁や大手ベンダーにおいてWebセキュリティ診断 や診断技術のトレーニング講師を務める。Webセキュリティに関してのリサーチも行っており、WordPress脅威情報共有サイト「WP Portal」(https://wp-portal.net) の立ち上げに携わる。また、2016年8月にアメリカ・ラスベガスで行われた技術者向け国際会議 Blackhat USA のArsenal部門で発表するなど、国内外のカンファレンスでのスピーカーを多数務める。共著として「WordPressプロフェッショナル養成読本」(技術評論社) がある。

株式会社 神戸デジタル・ラボ セキュリティコンサルタント 松本 悦宜

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社
事業推進室 岩野 芳紀

2006年ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社の経営企画部門に入社。経営企画を経験したのち、新規ビジネス推進部でフォトビューアーアプリ「million moments」の商品企画、マーケティングに従事。現在はセキュリティコンサルティング、Androidアプリケーション脆弱性チェックツール「Secure Coding Checker」のセールス&マーケティング、パートナーリレーション、US販売の立ち上げを担当。

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社 事業推進室 岩野 芳紀