SONY

SDNAのセミナー・イベント情報

Android/iOS 両方学ぶセキュアコーディング入門 (5/12)


本セミナーは終了しました。

セミナー概要

対象:
モバイルアプリ開発部門の方、セキュリティ部門の方、品質管理部門の方
内容:
より身近になるIoT, そのIoTデバイスを制御するモバイルアプリも数多く登場しています。この流れの中で、これまでソフトウェア開発をしていなかった企業様でもモバイルアプリをリリースするようになってきました。中でも、モバイルアプリ開発は iOS/Android両開発のケースが多く、それぞれの対策としてセキュアコーディングが必須となります。

本セミナーでは、2017年度に新たにモバイルアプリのセキュリティ対策を始める方に向け、近年のセキュリティ状況を解説いたします。そして、開発者が作り込んでしまいがちな脆弱性の例をご紹介すると共に、開発現場における課題の整理、そして今取りうる対策をご紹介します。
開催日時:
2017年5月12日(金)15:00~17:00
(14:30 受付開始)
会場:
御茶ノ水トライエッジカンファレンス (http://try-edge.infield95.com/access/)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-2-5 御茶ノ水NKビル11階
参加費:
無料
定員:
50名
主催:
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社
問い合わせ先:
050-3750-1895 (担当:岩野、越智)

当日のタイムスケジュール

15:00-15:20
2017年度 Android 脆弱性レポート速報版

SDNAは2013年より市場に流通しているAndroidアプリの脆弱性調査を行い、その結果を公表しています。本セッションでは、この春発表する最新のアプリ脆弱性調査の結果をお届けします。今後のセキュリティ施策を検討する上で、市場でモバイルアプリのセキュリティリスクがどのような状況になっているかを知ることは必要不可欠です。ぜひ本セッションをお役立て下さい。

(登壇者:ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社 岩野 芳紀 )
15:20-16:00, 16:10-16:50
Android/iOSセキュアコーディング入門

モバイルアプリ開発においては、iOSはどのような取り組みをすればよいのかという悩みをよく聞きます。Androidアプリ開発と同様にセキュリティを意識したコーディングは欠かせません。本セッションではiOSとAndroidの機能的な違いを比較しながら、どのような脆弱性を開発者は作り込んでしまうのか紹介します。そして、セキュアなiOS/Android アプリを開発するポイントについて解説します。

(登壇者:株式会社SRA 福本 郁哉)
16:50-17:00
SCC製品紹介

登壇者プロフィール

株式会社SRA 福本 郁哉様

株式会社SRA エンジニア。ECサイトや基幹系システムの受託開発、企業向け業務用iOSアプリ開発等を経て、2012年よりセキュリティ関連業務に従事。Web脆弱性診断やセキュリティ・コンサルティング、モバイルアプリ(iOS, Android)の静的コード解析ツールの開発等に携わる。 iOSやApple TVの脆弱性を発見しており、iOS自体のセキュリティ向上にも貢献している。JSSEC発行の「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」の執筆メンバーとしても活動中。

株式会社SRA 福本 郁哉様

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社
事業3部 ビジネス戦略課 岩野 芳紀

2006年ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社の経営企画部門に入社。経営企画を経験したのち、新規ビジネスを推進する部署でフォトビューアーアプリ「million moments」の商品企画、マーケティングに従事。現在はAndroidアプリケーション脆弱性チェックツール「Secure Coding Checker」のセールス&マーケティングを担当。

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社 事業3部 ビジネス戦略課 岩野 芳紀