SONY

SDNAのセミナー・イベント情報

200社・400アプリの開発から学ぶ!モバイルアプリ開発ベストシナリオ ~攻めと守り~


本セミナーは終了しました。

セミナー概要

対象:
アプリ開発を検討されている発注側企業担当者の皆様、
モバイルアプリ開発に携わるマネージャー、プロジェクトリーダー、開発者の皆様、
内容:
企業が本格的にモバイルアプリ開発に取り組み始めて数年がたちました。みなさま、アプリ開発のご経験を重ねる中で、モバイル市場ならではの課題などもお持ちではないでしょうか。

今回は、数多くの人気モバイルアプリを開発しているフェンリルの事例から、成功するモバイルアプリ開発のベストシナリオをご紹介します。

そして、最新版となる Android6.0のセキュリティ面での情報をお伝えし、開発の中で取り組める実践的な脆弱性対策をご紹介します。
開催日時:
2016年1月29日(金)14:30~16:30
(14:00受付開始)
会場:
フクラシア品川クリスタルスクエア
東京都港区港南1-6-41 品川クリスタルスクエア
(近隣のフクラシア品川 (高輪口) とお間違えのない様お気をつけください。)
参加費:
無料
定員:
80名
主催:
フェンリル株式会社
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社
問い合わせ先:
050-3750-1895 (担当:岩野、越智)

当日のタイムスケジュール

14:30
ご挨拶
14:30-15:15
セッション1:「モバイルアプリ開発のベストシナリオと具体的成功事例」
(講演者:フェンリル株式会社 デザイン部デザイン課長/チーフデザイナー 荻野 博章)

自社サービスの利用頻度向上や業務効率の改善のために、モバイルアプリを開発することは今や一般的となりました。400アプリ以上の開発経験から、成功するアプリ開発の進め方のポイントを具体的に紹介します。
15:30-16:15
セッション2:「Android6.0 対応! モバイルアプリセキュリティの最新トレンド」
(講演者:ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社 事業2部
セキュリティアーキテクト, CISSP 奥山 謙)

最新版となる Android6.0では様々な機能が追加されておりますが、セキュリティ面でも大きな変化がありました。本セッションでは、モバイルアプリ開発の中で取り組める実践的なセキュリティ対策をお伝えします。また弊社が先日公開したAndroidアプリの脆弱性傾向レポート2015年12月版。人気アプリ11000件以上を対象とした調査結果より、セキュリティ対策の傾向をご紹介します。
16:15-16:30
セッション3:各社各種サービスご紹介

登壇者プロフィール

フェンリル株式会社
デザイン部デザイン課長/チーフデザイナー 荻野 博章

2009年よりフェンリル株式会社のスマートフォンUIデザイナーとして、iPhone、Android、Windowsなど、200以上のアプリの企画提案やデザインを手掛ける。現フェンリル株式会社デザイン部デザイン課長兼チーフデザイナー。『iOS7 デザインスタンダード』『プロトタイピング実践ガイド』他著書、雑誌への寄稿多数。

フェンリル株式会社 ビジネス推進室 デザイン部デザイン課長/チーフデザイナー 荻野 博章

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社
事業2部 セキュリティアーキテクト, CISSP 奥山 謙

2003年ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社入社。ソニーグループのセキュリティルール策定や製品セキュリティ監査業務などに従事。ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ製 Androidアプリケーション脆弱性チェックツール「Secure Coding Checker」開発リーダー。

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社 事業3部 セキュリティアーキテクト, CISSP 奥山 謙