SONY

受託開発

組織力×技術力

組織力 最良の製品を生み出すために、最良のチームを組む

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社(以下、SDNA)では、最良の製品を開発するために、プロジェクトごとに適材適所にエンジニアを配置するプロジェクト制を採用しています。エンジニアは、ひとつの製品に特化することなく、さまざまな製品開発に携わることができるので、能力の幅を大きく広げ、ソフトウェアのプロフェッショナルとして力を磨いていきます。同時にプロジェクトで経験した成果は、次の新しいプロジェクトへ活かすことができ、技術とノウハウはメンバー間に伝播・蓄積。その相乗効果が、SDNAのソフトウエア開発における大きな基盤となっています。

技術力 コンスーマーエレクトロニクスとPC&モバイルアプリケーション、二つの分野を柱にソフトウェアを開発

SDNAが開発するソフトウェアは、デジタル家電などコンスーマーエレクトロニクス(組み込み)系とPC系の二つに大別されます。組み込み系では、ハンディカムやサイバーショットなどのポータブル機器から半導体まで幅広 い分野のソフトウェアを開発し、PC&モバイル系では液晶テレビ ブラビア向けなどのアプリケーションを開発しています。また、次々に生み出される新しい技術をソニーの製品づくりに活 かすため、基盤技術について高レベルの知識を持つチームがプロジェクトに参画し、ソフトウェア開発をより高品質に効率的に行なうための貢献をしています。

ソニーグループ開発実績

組み込み系開発

ソニーを代表するウォークマン、ハンディカム、サイバーショット、α(アルファ)や携帯電話などを筆頭に、ソニーのさまざまなCE機器に組み込まれるソフトウエアを開発しています。

PC&モバイル系アプリケーション開発

液晶テレビ ブラビアやサイバーショットなどのソニー商品に搭載されるPC向けアプリケーションを提供しています。ソニーの事業部とは商品やOSに関する最新の情報を共有するだけでなく、お互いにインスピレーションを与え合い、切磋 琢磨しながら開発を行っています。それによりハードウェアを最大限に引き出したソフトウェアが生み出され、業界に先駆けて世に送り出すことに成功しています。また、これまでの経験と実績を活かしたオリジナルのスマー トフォンアプリケーションもリリースしています。

基盤技術

ビジネス競争力がある高品質なソフトウェアを、効率的に開発する技術や人材を提供しています。オーディオ・ビデオを扱うソフトウェアには欠かせないメディア技術、顧客要求を仕様化するUX技術、テストを効率的に行 うテスト自動化技術など様々な技術をビジネスと連携しながら開発しています。