SONY

翻訳もれではないですか?

私たちは通常、翻訳会社に英語文言から他の言語への翻訳を委託していますが、翻訳から戻ってきた文言を確認した際に、英語のままになっており、翻訳もれなのか、英語と同じ文言で問題ないのか迷うことがあります。
たとえば、英語で “Send feedback” という文言の翻訳依頼を行った時に、デンマーク語でも “Send feedback” で戻ってきました。
確認したところ、デンマーク語で “send” は英語と同じ綴りになり、“feedback” は外来語として英語のまま使われているので、“Send feedback” で問題ないとのことでした。
“feedback” は、以下の言語でも英語のまま使われます。翻訳もれかどうか判断がつきづらいですね。

スウェーデン語:Skicka feedback
イタリア語:Invia feedback

またギリシャ語の別の文章の例ですが、以下のように “celebrities” だけが英語のままだったので、ノンネイティブの私たちから見ると翻訳もれ、または間違って英語が残ってしまったのではないかと思い確認したところ、この場合はギリシャ語を使うよりも英語で表示する方がよいとのことでした。

英語:Feeds about your favorite celebrities are available
ギリシャ語:Υπάρχουν διαθέσιμες τροφοδοσίες από τους αγαπημένους σας celebrities

このように、私たちで判断つかない場合は、必ず翻訳者に確認をとり、翻訳もれがないように対応しています。

2015-11-25 09:00  多言語翻訳知識

あてはめにもご注意を!

以前の記事などでもふれていますが、UI文言のファイルでは、不定の数や文字列をあてはめられるよう “%s”、”%d” などの書式指定子を使用することがよくあります。
今回は、書式指定子を使用している文言のローカライズを行う際の注意点を挙げます。

・1 文に書式指定子を複数使用する場合、言語によって語順が変わる場合があることに注意する。
 
日本語:'%1' の下に同名のファイル '%2' が存在します。
英語:A file with the same name '%2' already exists in the '%1' folder.
ドイツ語:Im ausgewählten Ordner '%1' existiert bereits eine Datei mit diesem Namen '%2'.
フランス語:Un fichier du même nom '%2' existe déjà dans le dossier '%1'.

・書式指定子に入る文字列によって、周囲の訳語に影響する場合があることに注意する。
ヨーロッパ言語などでは、入る文字列が男性名詞か女性名詞かによって前置詞も変るなど、言語によっては他の単語に影響する場合がありますので、必ず確認するようにします。
他の単語に影響する可能性がある場合は、どのような文字列が入っても違和感のないよう汎用的な訳語にする必要があります。
たとえば、韓国語では以下の様に'%2' に入る単語によって、後に付く助詞が変ってくる(“이”か“가”になる)ため、()を使用して対応しています。

日本語:'%1' の下に同名のファイル '%2' が存在します。
韓国語:같은 이름의 파일 '%2'이(가) '%1' 폴더에 이미 있습니다.

また書式指定子に入る数字によって、後に続く単語が語尾変化する言語もあります。その場合は、どの数字をあてはめても問題がないようにしています。

英語:%s hours
ロシア語:%s ч
ロシア語では、たとえば 3 時間の場合は、“3 часа” となり、6時間の場合は、“6 часов” となるため、汎用的な訳語を使用しています。

2015-10-14 09:00  多言語翻訳知識

右から読む言語をエクセルで扱う際のTips

アラビア語やヘブライ語などの右から読む言語をエクセルファイルで扱う場合、文章中に“英語“や“数字“が入っていると、語順が入れ替わっているように見えることがあります。

<例文>
日本語: ABC リーダーからインポート
英語: Import from ABC Reader
ヘブライ語:
(正しい語順)ABC Reader-ייבא מ
(間違った語順)ייבא מ-ABC Reader

翻訳会社から納品されたエクセルファイルでは、表示する側の環境によって、例えば上記の(間違った語順)のように語順が入れ替わっているように見えることがあります。 このような意図しない変換を防ぎ、正しい語順を確認するための工夫をいくつかご紹介します。

・翻訳会社にエクセルファイルとは別に、PDFファイルまたはスクリーンショット等、編集不可のフォーマットファイルで翻訳結果を納品してもらう。
・「折り返して全体を表示」設定をしたり、文字の色を変えたりすると、英数文字の位置が乱れることがあるので、エクセルの設定を変更しない。

このようにちょっとした工夫を行うことで、正しい語順を確認することができます。

それでも右から読む言語の表示が UI 上で正しく表示されない場合は、以前ご紹介したように、翻訳者やアプリケーションの設計者に相談しながら、文言内の適切な位置に “RIGHT-TO-LEFT MARK” (\u200f)などの Unicode 制御文字を配置するなどの対策をとっています。

2015-06-24 09:00  多言語翻訳知識

文字切れしてない?

最近ではスマートフォンなどモバイルアプリの UI 文言のローカライズも増えてきていますが、画面が小さくなればなるほど苦労する点の一つが、画面から文字が切れないように調整することです。
私たちは通常、日本語文言から英語翻訳し、その英語文言を多言語翻訳するというフローで対応していますが、日本語から英訳した場合、英語文言の方が長くなる傾向にあります。また英語文言を多言語翻訳すると英語より長くなる傾向にある言語もあります。
日本語文言が幅ギリギリだと、英語や多言語では文字切れしてしまう可能性があることが想像できますよね。
通常、中国語や韓国語などでは英語より短いことが多いのですが、ドイツ語、スペイン語、ロシア語などでは英語より長くなる傾向にあります。

文字を幅に収めるための対応として、多言語では省略形の「.」を用いることがあります。
英語でも、たとえば “information” を “info.” などとすることがありますよね。
以下にイタリア語の例をあげてみました。
英語:Recording Settings
イタリア語:Impost. di Registrazione
イタリア語(フルスペル):Impostazioni di Registrazione
この場合、“Settings” の訳語を省略形にしています。

また、以下のスペイン語のように、冠詞などを省略する場合もあります。
英語:Playlists
スペイン語:Listas reproducción
スペイン語(フルスペル):Listas de reproducción

ただ、省略を多用すると意味が伝わりづらくなるので注意が必要です。また、そもそも省略形や冠詞を使わない言語もありますので、その場合は省いても良い要素(単語や文)を削ることがあります。
たとえば以下のように、英語が2文の場合でも意味が通じるようであれば、省略形を使用せず1文のみの訳語にする場合もあります。
英語:Not enough free space in memory. Delete files to ensure free space.
イタリア語:Eliminare file per recuperare spazio libero.
イタリア語(全訳文):Spazio libero sulla memoria insufficiente. Eliminare file per recuperare spazio libero.
本来は2文とも必要ですが、どうしても入らない場合に、2文目だけでもユーザーに伝えたいことが最低限伝わることから、1文目の “Not enough free space in memory.” の訳語を省略しています。

このような対応を減らすためには、日本語文言作成時に、幅があまりギリギリにならないようローカライズを考慮した日本語文言にすることも必要かもしれませんね。

2015-02-04 09:00  多言語翻訳知識

その使い回し、問題ないですか?

「今回追加する文言は、以前に多言語翻訳しているので、今回もその訳語を使えますよね」と、ソフトウェアエンジニアの人から言われたとしましょう。
これは問題ないと思いますか?
通常は問題ないことが多いのですが、ネイティブへの確認が必要な場合もあります。
たとえば、ボタン名などでもよく使われる「オン(On)」、「オフ(Off)」の場合、通常私たちは、翻訳する時の参考情報として仕様などを伝えていますので、どの様な場面で、何を「オン」、「オフ」にするのかなどを伝えて、翻訳をおこなってもらっています。
日本語では、特に仕様に影響されず、「オン」、「オフ」が使えますね。英語でも、“On”、“Off” は汎用的に使えるかと思います。ところが、多言語ではそうはいかないことがあります。
以前の記事で、スペイン語、フランス語、イタリア語などでは、男性形、女性形があることで、単語の語形に変化があることをお話ししましたが、この場合も、「オン」、「オフ」にする対象が男性形か女性形か、また単数か複数かなどによっても、「オン」、「オフ」の訳語の語尾に変化があるからです。
以下にイタリア語の例を挙げてみました。
<On>
女性形単数:Attivata
女性形複数:Attivate
男性形単数:Attivato
男性形複数:Attivati
<Off>
女性形単数:Disattivata
女性形複数:Disattivate
男性形単数:Disattivato
男性形複数:Disattivati

ではこのような言語で、汎用的に使える訳語はないのでしょうか?
たとえば、以下の様に短縮形やカッコを使用する方法があります。
<イタリア語>
On:Attiv.
Off:Disattiv.
<フランス語>
On:Activé(e)
Off:Désactivé(e)

これだと仕様に影響されず、使えそうですね。
さらに言語によっては、何を「オン」、「オフ」にするかで、訳語自体が変わってくる場合もあります。
たとえば、スペイン語では、機能やオプションなどを「オフ」にする場合は、“Desactivado”、電源を「オフ」にする場合は、“Apagado”(どちらも男性形での例になります。)を使用するのが、一般的だそうです。
やはりネイティブへ確認をとるのが確実です。

2014-11-05 09:00  多言語翻訳知識

単純置換えで大丈夫?

既存の日英文言から1単語だけ変更があったので、多言語もそこだけ訳語を変更して下さいという依頼が来ることがあります。
たとえば短い文言では、「フォントの設定」、「色の設定」、「システムの設定」など「~の設定」はよく使われる文言になります。英語では、“Font settings”、“Color settings”、“System settings”となり、日本語も英語も「~」の箇所のみが違いますよね。
では、多言語ではどうなるでしょうか?

たとえば、オランダ語の場合、ハイフンの有無として違いが出てくることがあります。
Font settings:Lettertype-instellingen
Color settings:Kleurinstellingen

スペイン語の場合は、以下のように前置詞も変更になる場合があります。
Font settings:Configuración de fuentes
System settings:Configuración del sistema

このように、変更があった単語のみ、訳語を単純に変えればよいということではないんですね。
また、短い文言では変更があった単語のみの訳語変更で済んでも、文中で使われているとそれ以外の変更も必要な場合があります。
以下はフランス語の例ですが、英語で “SD card” と “system storage” の違いが、フランス語では前後の冠詞や動詞の語形にも違いが出てきます。
<英語>
The SD card is damaged.
The system storage is damaged.
<フランス語>
La carte SD est endommagée.
Le stockage système est endommagé.

スペイン語やフランス語、またイタリア語などでは、男性形、女性形があるため上記のような違いが出てくることがありますが、言語によっては、それ以外でも様々なルールがあります。
アプリケーションの名前などは、どの言語でも英語のまま使われることもあります。文中でその箇所のみが違う英語の文言に変更になった場合は、私たちでも単純に置換えることはできますし、やっていいのではと思ってしまいがちですが、それも危険なのです。この場合も、ネイティブへの確認が必要となります。

2014-10-15 09:00  多言語翻訳知識

「0」(ゼロ)は単数?それとも複数?

英語には単数形、複数形が存在しますが、「0」 の場合、単数扱いになるか複数扱いになるかご存知でしょうか?
英語では、通常複数扱いになります。

<参考例>
日本語:0 個
英語:0 items

多言語になると、「0」 の扱いは、言語によって異なります。
英語と同様、複数扱いになる言語は、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ドイツ語、ポーランド語などがあげられます。
また単数扱いになる言語には、フランス語、トルコ語などがあります。
「0」 以外でも、数字によって扱いが異なる言語もあります。
たとえば、ロシア語では、基本的に一の位が 「1」 の場合、「2,3,4」 の場合、「5 以上」 の場合で、あとに続く単語の語形が変化します。(ただし 11~14 は、一の位が 「5 以上」 の場合と同じなど例外があります。)

私たちが対応しているアプリのデータファイルでは、任意の数字が入るよう数字の部分に変数を使うことがあります。
変数を含んでいる場合、日本語ではあまり意識することはありませんが、ローカライズではあとに続く単語が各言語の扱いに合っているか配慮することが必要です。

2014-03-26 09:00  多言語翻訳知識
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。