SONY

カナダ向け英語対応は必要?

あるクライアントより、US 英語とは別にカナダ英語を作る必要があるか聞かれました。 私たちは今まで、カナダ向けと言っても US 英語と中身は同じでよいという依頼しか受けたことがなかったため、カナダ英語対応が必要か翻訳会社 2 社とアメリカ在住の英語ネイティブライターに意見を聞きました。
最終的にはクライアントの意向に沿って対応しますが、上記三者のコメントを読む限り、US 英語をさらにカナダ英語へローカライズするメリットはあまりなさそうです。
一つ目の回答は、ヨーロッパの翻訳会社です。
「カナダ英語は実際には US 英語とほぼ同じであり、通常分岐した英語とは考えられておらず、個別のローカライズもされません。アクセントの違いはありますが、それは口語英語のみに適用されます。
でも、もし明確にカナダ市場をターゲットにするなら、カナダ人の翻訳者を付け確実にカナダに相応しいローカライズをします。ただ、US 英語からほとんど変更はないと思われるので、個人的にはあまり意味がないと思います。」
続いて、国内の翻訳会社の回答です。
「カナダ英語の対応は、現在登録されている過去の案件の中では実績がありませんでした。ただ、ご依頼いただければ対応することは可能です。カナダ英語は、アメリカ英語に対して文法的な違いはほとんどないようです。ただ、アメリカ英語よりもブリティッシュ英語に近いため、ブリティッシュ英語特有のスペル(colour, centre)などを使用し、アメリカ英語と異なる単語は多いようです。また、距離・速度・温度の単位もアメリカ表記と異なるようです。」
最後は、アメリカ在住で IT 系のテクニカルライターである英語ネイティブの回答です。
「今までにインターフェースやドキュメンテーションで、独立したカナダ英語バージョンを作ったことはないです。カナダ英語と US 英語は非常に似ているので、カナダ英語を作成するのは費用対効果が高いとは思えません。
私が知る限り、US 英語とカナダ英語の一番大きな違いは、カナダ英語が“colour”、“defence”、“travelled”のように一部ブリティッシュ英語のスペルを使っているところです。一方で、ブリティッシュ英語のスペルである“recognised”の代わりに、US 英語のスペルである“recognized”を使っていますが。 カナダ人は、アメリカ人の“restroom”の代わりに“washroom”を使うなど語彙に少し違いもありますが、 我々の IT 分野ではあまり気にしなくてよい傾向にあります。発音の違いもありますが、私達の英語化には影響しません。」

2016-04-06 09:00  ローカライズ業界知識
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。