SONY

その「リーズナブル」理にかなった英語ですか?

日本語ではお得な、またはある物の値段がそれほど高くないといった意味で「リーズナブル」が使用されているのをよく耳にします。しかし“reasonable“には「分別がある」または「合理的な」という意味があり、必ずしも値段に関係があるとは限りません。“I think it’s reasonable to leave a 12-year-old girl home alone for an hour.“などと言うこともあります。

<例文>
The maximum file size setting for a video must be a reasonable value (128 or less).
ビデオの最大ファイルサイズ設定は、妥当な値 (128 以下) にする必要があります。

では値段が「手ごろな」と言いたい場合は何を使えば良いでしょうか?
こういう場合は“affordable“がより適切です。

<例文>
SDNA's affordable ABC app is now available to buy.
SDNAのお求めやすいABCアプリが購入可能です。

“affordable“は購入可能な物の値段に対して使用されます。
そして、“reasonable“、“affordable“のどちらともその価格が妥当であろうという印象を与えますが、“reasonable“は価格との関連性はよりあいまいです。したがって、もし“reasonable“を使用するのであれば、“reasonably priced“のように使用すると意味が明確になり良いでしょう。

他に「あまり高価でない」という意味の単語にはたとえば以下があります。
- cost-effective
- low-cost
- economical

しかし!
ある物を「低価格」と言う場合は慎重にならなければいけません。消費者はバーゲンに惹きつけられる一方で、安い物は価値も低い物と同一視する場合もあります。価格について言及する際は表現を慎重に選んだ方がよいかもしれません。こういった場合はニュアンスが重要です。

単語の本来の意味をよく理解し、分別を持って英語を使いこなしていきたいものですね。

2016-01-06 09:00  英訳知識
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。