SONY

25 周年記念 JTF 翻訳祭に行ってきました!

年に一度、日本翻訳連盟(JTF)主催で開催されている翻訳祭に今年も参加しました。
今年の翻訳祭は 25 周年記念ということで、「翻訳だけにとらわれず、さまざまな分野で国際的に活躍されている著名人や外国籍の方々に積極的にご協力を要請いたしました。」とパンフレットにありましたが、確かに例年とは一味違った人選だったと思います。

映画字幕翻訳者の戸田奈津子さんのセッションでは入場前に参加希望者の列ができ、整理券が配られるという翻訳祭ではあまり見かけない光景もありました。
かく言う私もその列に並んだ一人ですが、字幕翻訳者を志したきっかけや字幕翻訳の難しさ、ハリウッド俳優についてなどお話に引き込まれて、あっという間の 90 分でした。
映画「カサブランカ」の有名なセリフ「君の瞳に乾杯」(原文は “Here’s looking at you, kid.”)を例に挙げ、字幕翻訳は emotion に訴えるセリフでなければならない、原文を尊重しつつ日本語として成り立たなければならない、その接点とおっしゃっており、字幕翻訳の難しさを垣間見た気がしました。

翻訳祭は、翻訳会社/翻訳者の話だけでなく、翻訳を依頼するクライアント側の話も聞くことができる貴重な機会となっています。
日本電気株式会社の森素樹さんは、「翻訳者の皆さんに知っていただきたい、多言語ソフトウェア開発側の苦労」という内容でお話をしてくださいました。 その中で、このブログでも以前紹介したローカライズを考慮した文言設計の重要性に関して、これまでの苦労話、工夫した話などの様々な具体例を交え、わかりやすく解説してくださいました。 森さんのお話を興味深く伺いながら、ソフトウェア開発会社のローカライズチームとして、私たちも新しい技術や状況に対してチャレンジを続け、ノウハウを蓄積していかねばと刺激を受けた一日となりました。

また、より広い視野をもって翻訳ビジネスをとらえ直そうというトピックも提供されていました。「翻訳業のイノベーション」「クールジャパン戦略で海外需要を創造する」セッションでは、社会現象を取り入れたイノベーションによる「翻訳業」からの脱却、日本発のコンテンツがもたらす新たなローカライズニーズの可能性など、今後のローカライズ技術やそれを取り巻くビジネスの展望が語られました。私たちも、状況変化の中で自分たちの専門性を発揮し続けるにはどうすれば良いか、改めて考え直すヒントを得られた時間でした。

2015-12-22 09:00  その他
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。