SONY

どちらを選ぶ? “select” vs. “choose”

UI(ユーザーインターフェイス)文言で「選択する」という言葉はよく出てくると思いますが、英語化する時に“select”と“choose”どちらを使用するか迷ったことはありませんか?
Microsoft スタイルガイドの“choose”の項目には以下のような記述があります:
“Use choose when the user must make a decision, as opposed to selecting (not picking) an item from list to carry out a decision already made.”
すでに決めたことを実行するためにリストから項目を選ぶような場合に“select”が使われていますが、“choose”はユーザーが決定する時に使うと書かれています。
SDNA ネイティブチェック担当者にも UI 文言としての“select”と“choose”の使い分けについて聞いたところ、以下のような回答でした:
“I think I would use ”select“ any time we mean for the user to actually do something in the interface, and use ”choose“ when we mean just making a choice.”
「ユーザーが実際にインターフェイスで何かする時は“select”を使用し、単に選択する時は“choose”を使用すると思う。」と言っており、Microsoft スタイルガイドと同様の回答でした。
また SDNA ネイティブチェック担当者は使い分けの例として、以下のような文を挙げてくれました:
“To complete installation, you must choose your country/region. Select your country/region from the list, and click OK.”

2015-08-19 09:00  英訳知識
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。