SONY

英語での伝え方「失敗しました。」

「ファイル出力に失敗しました。」という日本語に対し、次の英語のうちどちらを使用しますか?
Failed to output file.
Unable to output file.

日本語を直訳すると“Failed to~“になりますが、私たちは通常“Unable to~”(~できない)を使用しています。

マイクロソフトのUXガイドに、エラーメッセージを作成する上で気をつけることとして次のような記載があります。
・以下の言葉を使用しない。
・“Error,“ “failure“ (代わりに“problem“を使用する)
・“Failed to“(代わりに“unable to“を使用する)
・“Illegal,“ “invalid,“ “bad“(代わりに“incorrect“を使用する)
・“Abort,“ “kill,“ “terminate“(代わりに“stop“を使用する)
・“Catastrophic(壊滅的な),“ “fatal(致命的な)“(代わりに“serious“を使用する)

ユーザーに責任を押し付けたり、ユーザーに非があるような言い回しを避ける。「あなた」という表現は使わないようにする。一般的には能動態が好まれるが、ユーザーを主語にすることでエラーの責任がユーザーにあるかのように感じさせてしまう可能性がある場合は受動態を使用する。

OSの用語・スタイルなどに合わせ、また仕様やクライアントがユーザーに伝えたいことなどを確認しつつ、ネイティブチェッカーとも相談しながら、ユーザーがその製品を利用しやすい文言になるよう心がけています。
2015-04-15 09:00  英訳知識
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。