SONY

英語 UI 文言の定番

日々 UI(ユーザーインターフェイス)文言を英語化していると、過去に英語化済みの他のアプリの文言が意外に流用できない(新しい文言が多い)ことに驚きますが、それでもよく使うパターンはあります。
今回は英語の UI 文言でよく使われるパターン例をご紹介します。

・Cannot (動詞)~ because ・・・.
 和訳:・・・のため、~できません。

例文:Cannot save the created video because it is larger than 4 GB.
 (和訳:作成されたビデオが 4GB を超えているため、保存できません。)
英語は結論から先に言うので、結論と理由の順番が日本語と逆になります。

・Are you sure you want to (動詞)~?
 和訳:~してもよろしいですか?

例文:Are you sure you want to delete this file?
(和訳:このファイルを削除してもよろしいですか?)
ユーザーの選択に対する確認メッセージです。
下記のように元の日本語が長い場合は、英語も二文に分け、「よろしいですか?」を“Do you want to continue?”と英訳しています。
例文:(フォルダー名)とこのフォルダーに含まれるすべてのファイルをごみ箱へ移動します。よろしいですか?)
英訳:(フォルダー名)and all files inside it will be sent to the Recycle Bin. Do you want to continue?”

・Click (ボタン名など) to (動詞)~.
 和訳:(ボタン名など)をクリックすると~します。

例文:Click Start to begin creating the movie.
(和訳:[作成開始] をクリックするとムービーの作成が始まります。)
“Click”を“Select”や“Tap”と入れ替えて使用することもできます。
ちなみに日本語文言ではボタン名などのUI コントロールを引用する時に通常カッコを付けますが、英語では通常、UI 文言そのままのキャピタライズで入れてカッコを付けません。

・To (動詞)~, ・・・.
 和文:~するには、・・・してください。

例文:To authenticate, this computer must be connected to the Internet.
(和訳:認証を行うにはこのコンピューターがネットワークに接続されている必要があります。)

・Refer to (名詞)~ for (名詞)・・・.
・・・については~をご参照ください。

例文:Refer to the help for details about the disc types you can create.
(作成できるディスクの種類など詳細はヘルプをご覧下さい。)

これらのパターンは、一つのアプリの中で何度も出てくることも珍しくないほど汎用性が高いので、覚えておくと便利かもしれません。

2015-04-01 09:00  英訳知識
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。