SONY

“feature”と“function”の違いとは?

UI(ユーザーインターフェース)文言では「機能」という言葉がよく出てきますが、英語では“feature”と“function”のどちらを使用すれば良いか迷ったことはありませんか?
私たちが扱うUI文言のほとんどのケースでは"feature"と"function"はほぼ同じ意味で、両方とも製品がユーザーに提供する機能を示します。しかし私たちは通常"feature"を使用しています。その理由は以下のようにちょっとしたニュアンスの違いがあるからです。

"feature":マーケティング用語。非常に肯定的な言葉で、製品をより良くし、ユーザーにとってより役立つものというニュアンスがある。製品の一般的な特徴ではなく、ユーザーにその製品を選んでもらえるような最も良い特徴を意味する。
"function":技術用語。ユーザーの感情に訴えかけるものではない。非常に中立で味気なく、製品の操作を示す専門用語的な響きがある。"function"という言葉にワクワクする人はいない。

改めて辞書を引いてみると、"function"は機能、作用、働き、効用といった意味合いが強いのに対し、"feature"は特徴、特性、特長といった意味合いが強いことがわかります。
ちょっとした言葉のニュアンスの違いで製品やブランドなどに対する印象が変わったりします。違いを理解した上で適切に使用していきたいですね。

2015-01-21 09:00  英訳知識
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。