SONY

「私はペンも鉛筆も持っていません。」の「も」は“and”か“or”か?

英訳をしていると、文脈にふさわしい単語や前置詞は何かなど色々と悩みますが、「私はペンも鉛筆も持っていません。」というような場合の「も」は、“and”と“or”のどちらを使えばよいのか迷ったことはありませんか?
ペンか鉛筆のどちらかを持っているか、という質問に対して、両方持っていない場合は“Sorry, I don't have a pen or a pencil.”のように“or”を使用します。
このように、否定の後に“or”を入れると「両方とも持っていない」(全否定)という意味になります。

ちなみに、ペンと鉛筆両方持っているか、の返事としてどちらか一つしか持っていない場合は、“Sorry, I don't have a pen and a pencil.”のように“and”を使用します。
こちらは、「両方は持っていない」(部分否定)の意味になります。
でも、このような場面では、実際には“I have a pen, but not a pencil.”というような回答の方がよく使われるかもしれませんね。


2014-10-22 09:00  英語文法
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。