SONY

ハイフンと似て非なる横棒の正体とは?

「ハイフン」は日本語でもよく使いますが、英語では「en ダッシュ」や「em ダッシュ」など横棒にいくつか種類があることをご存知ですか?
「en ダッシュ」と「em ダッシュ」は、見た目はハイフンにそっくりですが長さが違います。
それぞれ幅がアルファベットの”n”と”m”と同じことが名前の由来で、「ハイフン」、「en ダッシュ」、「em ダッシュ」の順で横に長くなります。
また、用法もそれぞれ違いますので、使用例を下記に挙げます。

「ハイフン」の使用例:
・単語の途中で改行する場合
・複合形容詞を作成する場合(例:a too-brief rest)

「en ダッシュ」の使用例:
・期間を表現する場合(例:3-5 days, Monday-Thursday)
・複合語を作成し、分かれた一方の語が二単語の場合(例:a Nobel Prize-winning physicist)
・複合語を作成し、分かれた一方の語にすでにハイフンがある場合(例:an anti-American-leaning organization)
・方向、敵対、反対関係を意味する場合(例:the Austin-Dallas drive takes about three hours)
・二つの固有名詞の重要性が同等の場合の区切りとして使用される場合(例:the Mason-Dixon Line)

「em ダッシュ」の使用例:
・文の途中で挿入句を入れる場合(例:almost all the students―as many as 95%―failed the test)
・引用文の作者を入れる場合(例:"Age cannot wither her, nor custom stale her infinite variety." ―William Shakespeare)

ハイフンはキーボードから入力ができますが、「en ダッシュ」と「em ダッシュ」の表示方法は以下の通りです。
Unicode の場合:
・en ダッシュ:U+2013
・em ダッシュ:U+2014

HTML 上で表示する場合:
・en ダッシュ:– または – または –
・em ダッシュ:— または — または —

製品のユーザーインターフェイスの英語化では文字化けなどのリスクを考慮し、en ダッシュやem ダッシュの代わりにハイフンを使用することが多いですが、知識として知っておくとよいかもしれません。

2014-09-24 09:00  英語用法
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。