SONY

「コンテンツ」を英語でいうと?

「動画コンテンツ」や「デジタルコンテンツ」など、マルチメディア環境で提供される情報やデータは日本語で「コンテンツ」と呼ばれていますね。
では、「コンテンツ」を英語にすると何になるでしょうか?
答えは“content”です。
“contents”ではないの?と思った方がいらっしゃるかもしれませんが、「コンテンツ」が一つでも複数あっても、英語では常に“content”になります。(不可算名詞ということですね。)
以下にいくつか例文をご紹介します。

<日本語>
USBマウント中はコンテンツにアクセスできません。
<英語>
Cannot access content while the device is mounted over USB.
<日本語>
リカバリ後に登録したコンテンツが参照できなくなります。
<英語>
Content registered after the system was recovered will not be available for use.

ちなみに”content“にはいくつかの意味があり、「箱の中身」や「本の内容」のような意味の場合は、可算名詞になります。
例えば、本の「目次」は、英語では“table of contents”です。

“content”と“contents”、一文字の違いですが、「コンテンツ」の意味で“contents”を使用すると、意味が通じなくなるので要注意です。
2014-08-27 09:00  英訳知識
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。