SONY

確認メッセージの英訳、それで「よろしいですか?」

アプリケーション使用中に、ユーザーが操作を続行するかどうかを確認するメッセージが表示されますが、英語ではたとえば“Are you sure you want to ~ ?”や“Do you really want to ~ ?”を使った表現を用います。
「このアルバムを削除しますか?」という確認メッセージを“Delete this album?”と英訳しても意味は伝わりますが、ユーザーの意図を確認するという目的を明確に伝えるために“Are you sure you want to delete this album?”とします。

以下の例文は、実行中の取り込み処理を中止する操作をユーザーが行った際の確認メッセージです。

<日本語>
取り込みを中止します。よろしいですか?

<英語>
Are you sure you want to stop the import?

このメッセージが念のための確認であることは、日本語の「よろしいですか?」からも読み取れますが、英訳する際は、意味を伝えるということだけでなく、ユーザーの意図を確認するといった、その文言が持つ役割についても考慮して翻訳しています。

2014-08-06 09:00  英訳知識
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。