SONY

「シリアル・コンマ」をご存知ですか?

次の例文1と2の違いは何でしょうか?

<例文1>
To use this feature, you must add your Facebook, Twitter, or VKontakte account.
<例文2>
To use this feature, you must add your Facebook, Twitter or VKontakte account.

違いは、“or”の前のコンマの有無です。
英語で三つ以上の項目を列挙する場合、最後に挙げる項目の前に“and”や“or”を入れますが、その前に入れるコンマをシリアル・コンマ(serial comma)と呼びます。
シリアル・コンマは、オックスフォード・コンマ(Oxford comma)またはハーバード・コンマ(Harvard comma)とも呼ばれています。
コンマ一つの違いですが、英語の用法として大きな論争の一つになっているようです。
結論から言うと、一般的にシリアル・コンマは付けても付けなくても OK で、プロはその文章が準拠すべきスタイルガイドのルールに従います。

シリアル・コンマ支持者は、シリアル・コンマがないと、場合によって最後の二項目がつながっているように見えるおそれがあると言います。
確かに“Medical, Health and Hospital”と書いてあると”Health”と “Hospital”という二つの項目なのか、“Health and Hospital“という一項目なのかあいまいです。
一方、シリアル・コンマ反対者は、等位接続詞(and や or など)が十分に項目を分けているので余分と言っています。
一般にアメリカ英語はシリアル・コンマを使用し、ブリティッシュ英語は使用しないそうですが、上記の例文も1があるアプリの US 向けの文言で、2が同じアプリの UK 向けの文言です。

最後にあるプロの英文ライターのコメントをご紹介します。
「ライター採用の面接官をする時、私はよくシリアル・コンマについての意見を聞きます。応募者の個人的な意見はどちらでも構わないのですが、応募者がシリアル・コンマが論争になっていることを知っているか、用法問題の知識があるか確認するためです。」

2014-05-28 09:00  英語用法

様々なキャピタライズのルール

単語の先頭の文字を大文字にすることをキャピタライズ(capitalize)と言いますが、英語を始め、文章の始まりの単語や固有名詞がキャピタライズされている言語は多くあります。

英語の場合は、文章の始まりや固有名詞以外にも、たとえば、「私」を意味する「I」は、一般的に文中でも大文字が使われます。また書名などのタイトルでは通常、すべての単語がキャピタライズされます。ただ、例のように、冠詞、等位接続詞、4文字以下の前置詞等は、除きます。

<参考例>
Always on Top

他言語の例を挙げると、ドイツ語では通常、名詞はキャピタライズするというルールがあります。

<参考例>
英語:Some of the selected files are photos.
ドイツ語:Einige der ausgewählten Dateien sind Fotos.

ドイツ語が読めないと、文中の単語が、固有名詞や人名などのように見えるかもしれませんね。

また月名について、通常、英語ではキャピタライズされますが、スペイン語やブラジル・ポルトガル語などでは、キャピタライズされません。

<参考例>
英語:January
スペイン語:enero
ブラジル・ポルトガル語:janeiro

この場合も、スペイン語やブラジル・ポルトガル語がわからないと、月名が入っているとは見えませんよね。

このように、キャピタライズのルールも言語によって様々なのです。

2014-05-21 09:00  多言語用法

入れるべきか、入れざるべきか…スペース

突然ですが、以下の2つの文言はどちらが正しい表記かわかりますか?

Create Blu-ray Disc with HD(High Definition)videos.
Create Blu-ray Disc with HD (High Definition) videos.

この2つの文言の違いは、カッコの前後のスペースの有無です。
英語ではカッコの前後に必ずスペースが必要です。したがって後者が正しい表記になります。

スペースに関連して、Microsoft のスタイルガイドラインには以下のような記載があります。
・数字と単位の間には基本的に1スペース入れる。(例:1 GB)
・例外として“35mm film“など写真用語として“mm“が使用される場合は数字と単位の間にスペースは入れない。
・“%“と数字の間にスペースは入れない。(例:10%)
・“%“をスペルアウトする場合は数字との間にスペースを入れる。(例:10 percent)

その他カンマ“, “の後にも必ずスペースが必要です。(例:Type your password, and then tap Enter.)
カンマの後にスペースが無いと、ネイティブは違和感を覚えるそうです。

ルールを知っていると、迷うことなく対応することができますね。

2014-05-14 09:00  英語用法

間違いやすい英単語 - 技術文書でも良く使われる名詞“following”

次の英語の例文に日本人が使い方を間違いやすいと言われている単語が含まれています。

<例文1>
The following is an example:
(以下に例をあげます。)

<例文2>
Creating projects can take a while because the following are required:
(以下を実行しているため、プロジェクトの生成に時間がかかります。)

上記2つの英文内で使われている“following”は名詞であり、「次に言及されるものや人」の意で使われています。

例文1では“the following”を受ける動詞が“is”となっていることから、以下にくる例が一つであることがわかります。一方、例文2では“are”となっていることから、以下にくる事柄が複数であることがわかります。

実際、例文2のコロンの後には、実行することとして“Retrieving the package information”(パッケージ情報の取得)や“Building a Test tool”(Test ツールのビルド)といったいくつかの要素が続くのですが、ここで注意したいのは、複数の要素を指す“the following”が“the followings”と複数形にはなっていないということです。
文法上、“the following”が意味する「以下にくること」が、一つのまとまりとしてとらえられる集まりではなく、複数の要素が構成する集まりとしてとらえられているために、“the following”を受ける動詞が“are”となっているのです。

ちなみに“following”は「次の」「以下の」などを意味する形容詞として名詞と一緒に使われる場合もあります。

<形容詞“following”の例文>
The following characters cannot be used:
(以下の文字は使用できません。)

ちょっとややこしいので、英作文時に間違いやすい単語ではありますが、頻出英単語として、正しく使えるように使用法を覚えておきたいものです。
2014-05-07 09:00  英語文法
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。