SONY

「注意」の表記にご注意!

日本語で注釈を表す「※」(米印)は英語では何を使用すればよいでしょうか?
“*”(アスタリスク)が使用されているのを見かけることがよくありますが、私たちが「※」または「ご注意」を英語化する際は、基本的に“*”ではなく、“Note:” としています。
アスタリスクは見た目は似ていますが、脚注として使用されるので米印の代わりにはならないそうです。

<参考文例>
日本語:
※ 写真のスライドショーには適用されません。
英語:
Note: This setting does not apply to slide shows.

日本語:
ご注意:削除する曲数が多い場合は、時間がかかる可能性があります。
英語:
Note: This process may take a long time if a large number of songs were selected.

国や地域によってその記号が何を表すか異なる場合がありますので、それぞれの国や地域に適した表記にすることが大切です。
2014-04-16 09:00  英訳知識
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。