SONY

「0」(ゼロ)は単数?それとも複数?

英語には単数形、複数形が存在しますが、「0」 の場合、単数扱いになるか複数扱いになるかご存知でしょうか?
英語では、通常複数扱いになります。

<参考例>
日本語:0 個
英語:0 items

多言語になると、「0」 の扱いは、言語によって異なります。
英語と同様、複数扱いになる言語は、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ドイツ語、ポーランド語などがあげられます。
また単数扱いになる言語には、フランス語、トルコ語などがあります。
「0」 以外でも、数字によって扱いが異なる言語もあります。
たとえば、ロシア語では、基本的に一の位が 「1」 の場合、「2,3,4」 の場合、「5 以上」 の場合で、あとに続く単語の語形が変化します。(ただし 11~14 は、一の位が 「5 以上」 の場合と同じなど例外があります。)

私たちが対応しているアプリのデータファイルでは、任意の数字が入るよう数字の部分に変数を使うことがあります。
変数を含んでいる場合、日本語ではあまり意識することはありませんが、ローカライズではあとに続く単語が各言語の扱いに合っているか配慮することが必要です。

2014-03-26 09:00  多言語翻訳知識
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。