SONY

文末の記号って共通?

文末に使われる句点、感嘆符、疑問符は、言語によって違う場合があります。

日本語では、通常、全角で「。」「!」「?」
英語の場合は、半角の「.」「!」「?」ですね。
一般的に、中国語では、日本語と同じ全角が使われ、韓国語の場合は、英語と同じ半角になります。

それとは異なる例として、たとえばスペイン語の感嘆文、疑問文の場合、文末の「!」「?」は同じですが、文頭に感嘆符、疑問符が逆になった「¡」「¿」をつけます。

【英語】
 Click Sign In to get started!
 Do you want to delete this book?

【スペイン語】
 ¡Haga clic en Iniciar sesión para comenzar a utilizarlo!
 ¿Desea eliminar este libro?

ギリシャ語の疑問符は、「?」ではなく、「;」になります。

【英語】
 Do you want to delete this book?

【ギリシャ語】
 Θέλετε να διαγράψετε αυτό το βιβλίο;

またタイ語では、文末にピリオドがつきません。

【英語】
 The operation could not be completed because an error occurred. Try again later.

【タイ語】
 ไม่สามารถดำเนินงานให้สมบูรณ์ได้ เนื่องจากจากเกิดข้อผิดพลาดขึ้น โปรดลองอีกครั้งในภายหลัง

この場合は、2 つ目のスペースの後が、2 文目の始まりとなりますが、タイ語ではどこまでが 1 文か、私たちでは判断できない場合もあります。全体から 1 文だけ削除したい時なども、必ずネイティブに確認をとるようにしています。

2014-02-26 09:00  多言語用法

「など」は英語に訳さない!?

日本語では「~など」のように、「その他」を意味して「など」が使用されているのを多く目にします。
UI などテクニカルライティングでは、日本語もあいまいさを避けることがルールとなっていますが、英語化を行う際は日本語に「など」が含まれている場合は、その「など」が具体的に何を指すのか文言作成者に確認します。「など」が指すものを具体的に挙げることができ、かつスペースが十分にある場合は英語ではなるべく具体的に表記するようにしています。

<参考文例>
日本語:プロジェクトや録音した曲のファイルなどを保存するフォルダを指定します。

英語:Specify the folder that stores project files, and recorded and imported sound files.
※ここでは「など」は“imported (sound files)” と具体的に表記しています。

ただ、そもそも「など」としているのはいろいろなケースを想定しており、その全てを記載しきれないという事情があるため、その結果英語では以下のように「など」以前で言い切る形にすることが多いです。

<参考文例>
日本語:取り込んだ映像や一時ファイルなどもここに保存されます。

英語:Video, Pictures and temporary files are stored here.
※ここでは「など」は特に表記していません。

もし日本語文言の構成に合わせて「など」を入れなければならない場合は、「テクニカルライティングでは“etc.”の使用は避けたほうが良く、“and so on”を使用するべき。」と SDNA ネイティブチェック担当者は言っています。Microsoftガイドラインでは 「ボタンのラベルのようにスペースがあまりにも限られているような場合以外は“etc.”は使用しないこと。」“and so on”については、「画面スペースが限られている場合や、“...a, b, c, and so on.”のように、少なくとも2つの項目の論理的進行を示すような場合以外は使用しないこと。“and so on”によって具体的な情報を与えるわけではないためあいまいさを生んでしまう。」といった記述があります。

UI文言ではあいまいさをなるべく避けた簡潔な表現になるよう、また、単純な翻訳ではない、違和感のない文言になるようローカライズを行っています。

2014-02-19 09:00  英訳知識

その「困った」を解決するには、カスタマーサービス? それともサービスセンター?

あるアプリケーション用にお客様対応窓口を表す英語を用意するために調べてみたところ、これまで日常生活の中では意識せずに見聞きしていた「カスタマーサービス」や「サービスセンター」に、以下のような使い分けがあることがわかりました。

「カスタマーサービス」(customer service)が、ユーザーからの操作方法等についての問い合わせに対応するための部門や、対応そのものを指すことが多いのに対し、「サービスセンター」(service center)は、不具合のある電気製品などが持ち込まれたり、送られたりする場所や、修理される施設を指すことが多いのだそうです。
よって、上記二つの文言のうち、アプリケーションに関する問い合わせ先を表す英語としては“customer service”を使うことにしました。

日本語から英語、そしてさらに、英語から他言語へとローカライズを進める場合、英訳時に気になって調べたことは、他言語翻訳者へも伝達し、翻訳時の参考としてもらっています。 今回のケースで言えば、“customer service”が「アプリケーションに関するユーザーからの問い合わせ先」を表すということを補足情報として他言語翻訳者に伝えることで、誤解のない翻訳結果を得られるようにしました。 このように英訳の品質を高めるために行ったことを、他言語翻訳の品質保持にも役立てながら、複数言語へのローカライズ業務を進めています。

2014-02-12 09:00  英訳知識

“previous”と“back”の違いについて

以前に英語ローカライズを担当したアプリの中で、何枚か並んでいる写真を一枚表示させ、次の写真、前の写真とボタンを選択して移動するユーザーインターフェイスがありました。
この場合、前の写真へ戻るボタンは、“previous”と“back”のどちらがふさわしいか疑問に思い、ネイティブに質問しました。
ネイティブの回答は、
「“previous”は『順番に並んでいるものの一つ前』、“back”は『(基本的に)直前に見たもの』に戻る場合に使用されるので、今回は“previous”がふさわしい。
例えば、写真 A, B, C が順番に並んでいて、ユーザーが写真 A を見て次に C を見た場合、“previous”ボタンを選択したら写真 B が表示されます。
“back”ボタンを選択したら、写真 A が表示されます。」でした。
上記の説明を図にすると、下記のようになります。



ウェブブラウザーの「戻る」ボタンが英語版で"Back"になっているのは、「直前に見た画面に戻る」という意味だからですね。

2014-02-05 09:00  英訳知識
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。