SONY

中国語を扱うときは

日本人にとって中国語は、読めないけれど漢字だからなんとなく意味がわかる、そんな言葉だと思います。
しかし、やはり日本語の漢字とまったく同じわけではありません。今回は中国語の文字について、私たちがローカライズ時に注意していることを少し書かせていただきます。

まず文字入力についてです。中国語と日本語には見た目が同じ漢字が存在しますが、同じに見えても文字コードが異なる場合がありますので、日本語IMEで中国語を入力することは避けなければいけません。また中国語には簡体字と繁体字があり、この両者も文字コードや入力方法が異なります。
入力方法を誤ると、簡体字と繁体字が混在したり、誤字が生じる場合がありますので、必ずネイティブに対応してもらっています。

続いて、中国語のフォントについて。翻訳データのやりとりで使用されるフォントは、簡体字が「SimSun」、繫体字は「MingLiU」が一般的です。一方、簡体字・繁体字ともに、フォントによってデザインが異なる文字があります。私たちが実際の製品上で中国語表示確認を行うとき、PCのデータファイル上の文字と違って見える場合は、データファイルの表示フォントを変更して確認したり、判断が難しい場合はネイティブに確認を取るようにしています。
また、一部の簡体字フォントには、繁体字をカバーしているものがありますが、こちらに含まれる繁体字は簡体字寄りのデザイン(新字形)を採用しており、このようなフォントでは繁体字と簡体字が同じ文字に見えるものがあります。これは、繁体字に簡体字が混在しているのではなく、フォントのデザインによるものです。フォントのデザインによるものなのか、誤って混在してしまっているのか、表示確認時にはそうした点にも注意が必要なのです。

【繁体字(新字形)と簡体字が同じに見える例】
2014-01-29 09:00  文言設計

”disc” と ”disk” の違いとは?

disc
オーディオ CD、CD-ROM、DVD-ROM、DVD-RAM、DVD-Video ディスクなどの光記録メディアを指します。

disk
フロッピーディスク、コンピューターのハードディスクドライブ(HDD)内のディスク、外付けHDDなどの磁気記録メディアを指します。

日本語ではどちらも「ディスク」と表記されますが、英語では上記のように ”disc” と ”disk” を区別して表記します。
たとえば、「ディスク空き容量」という日本語に対し、英語ではDVDなどのディスクの場合は ”Free disc space” となり、 HDDなどのディスクの場合は ”Free disk space” となります。

上記の使い分けには諸説あるようですが、マイクロソフトのスタイルガイドラインでも定義されており、IT商品における一般的なルールになります。
2014-01-29 09:00  英訳知識

”please” の使用について

アプリケーションなどのユーザーインターフェイス(UI)上で使用される日本語文言には「~してください」といった丁寧な表現がよく見られますが、英語に翻訳する際、”please” を使うことはほとんどありません。

<参考文例>
日本語:
タグ名を入力してください。

英語:
Enter a tag name.

UI 上の英語文言は冗長さを排した直接的な指示文とすることが通例となっており、”Please enter a tag name.” とはしていません。 Android の Writing Style でも ”please” の使用を避けることについて触れられています。
近年、タブレットや携帯電話など多様な機器で使われるアプリケーションが増える中、小型端末上での UI 文言の表示スペースが小さい場合も多く、より簡潔な表現が求められていると感じます。

ただ UI 上の英語文言であっても、アプリケーションでの問題発生時などに、ユーザーをわずらわせるような作業をお願いする文言では、表現を和らげるために ”please” を使うこともあります。

<参考文例>
日本語:
サーバーとの通信に失敗しました。 ネットワークの接続をご確認いただき、もう一度やり直してください。

英語:
Communication with the server failed. Please check your connection and try again.

私たちが日本語 UI 文言の英訳をするとき、その文言の用途や、その文言にまつわる文化などを考慮した翻訳を心がけています。 さらに、私たちが翻訳した英語をネイティブスピーカーにチェックしてもらうことで、より自然で、適切な英語となるようにしています。
2014-01-22 09:35:36  英訳知識

インターネットアカウントへは ”log in”? ”sign in”?

Web 上のサービスへ「ログインする」という日本語を "log in" と英訳したところ、ネイティブチェック担当者が次のような理由で "sign in" へ変更しました。
「(インターネットアカウントへは)"log in" より "sign in" の方が一般的と言ってよいと思う。
"log in" は、やや昔風のコンピューター用語のように聞こえる。
一方 "sign in" は日常的に使用されており、例えば立ち入り制限区域で物理的にリストにサイン(sign)して立ち入り許可をもらうなど、技術系ではない、より幅広い人々も意味がすぐ理解しやすい。」

Microsoft のスタイルガイドラインには、インターネットアカウントのユーザーセッションを開始、終了する時に "sign in" "sign out" を使用し、コンピューターやイントラネットユーザーアカウントのユーザーセッションを開始、終了する時に "log on" "log off" を使用すると書かれています。(ちなみに "log in" と "log out" は、ユーザーインターフェイスで使用されていない限り使用しない、とも書かれています。)

形容詞的に使用する場合は、"The sign-in account has been changed." のようにハイフンを入れます。
2014-01-22 15:32:08  英訳知識
SDNAのローカライズ
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社では、その経験と成熟したプロセスを活用し、質の高いローカライズサービスをスピーディーに提供します。

カテゴリー
アーカイブ
各言語の用法に関するブログ内容は 複数の説や見解が存在する場合もありますので あくまでも見解の一つとしてお読みください。

商標についてSONY、Handycam、BRAVIA、WALKMAN、VAIO、Cyber-shot、α、その他のソニー製品の商品名・サービス名はソニー株式会社の登録商標または商標です。なお、本文中ではTM、®マークは明記していません。