SONY

SmartAR® SDK ソニーが開発した"SmartAR"エンジンで独自アプリが開発可能に

SDKダウンロード
  • SmartAR® SDKとは
  • ダウンロード
  • 購入・お問い合わせ
  • よくあるご質問

SmartAR® SDKとは

SmartAR® SDKとは、ソニーが開発した統合型拡張現実感技術"SmartAR"を、ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社(以下SDNA)がソニーからライセンスを受けて、開発者が利用できる形にSDK化したものです。


SmartARの歩み、採用例はこちら

対応プラットフォーム: iOS, Android, Unity, Windows

SmartAR®の特長

  • マーカーレスAR

    従来のAR技術で必要とされた特定のパターン画像(マーカー)が、物体認識技術により不要に。マーカーではない、指定した画像の認識をトリガーとした仮想画像の合成を行うことにより、自然なインタラクションを実現。

  • 高速追従性("高速・ピッタリ")

    認識した画像の動きにピッタリ追従し、画像のずれによる違和感を低減。
    独自開発の高速画像処理エンジンにより、処理能力の限られるスマートフォンを始めとしたモバイル環境でも快適に動作します。

  • 3D空間認識

    カメラの捕らえている空間の3次元構造を認識することで、認識した画像に物体が張り付くだけのARではなく、空間全体を利用したARを実現。

SDKダウンロード

以下より、SmartAR® SDKをダウンロードいただけます。

  • ・iOS版:Xcodeを利用してiOS向けアプリを作成できます。
  • ・Android版:EclipseまたはAndroidStudioを利用してAndroid向けアプリを作成できます。
  • ・Unity版:Unityを利用してAndroid/iOS向けアプリを作成できます。

  • 本サイトからダウンロードしたSDKは一部機能が制限された評価版としてご利用いただけます。
    販売サイトから購入手続きを行うことで全機能を使用することが可能になります。販売サイトをご覧ください。

    現在のバージョン (2017年1月12日) 更新履歴はこちら

     SmartAR SDK iOS版 1.1.2 75.4 MB
     SmartAR SDK Android版 1.1.0 20.9 MB
     SmartAR SDK Unity版 1.1.1 179.0 MB
     認識対象画像用 辞書作成ツール 1.1.3 23.5 MB

    SmartAR SDK 無償評価版 使用許諾契約書

    本契約は、ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社(以下「SDNA」とします)とお客様(以下、お客様が個人、法人それぞれの場合を指すものとします)との間での、本契約に定める以下のソフトウェア(コンピューターソフトウェア、サンプルプログラム、マニュアル、ドキュメントなどの関連書類及び電子文書並びにそれらのアップデート版・アップグレード版を含み、以下「許諾ソフトウェア」とします)の使用権の許諾に関する条件を定めるものです。許諾ソフトウェアをご使用いただく前に、本契約をお読み下さい。お客様によるダウンロード、インストール、アクセス、又はその他の方法で許諾ソフトウェアの使用を開始した場合には、その開始をもって、本契約の全ての条項にご同意いただいたものとみなされ、お客様が個人である場合は当該ご自身が、又お客様が法人である場合には当該法人とその役員、及びその従業員が法的に拘束されます。
    本契約にご同意いただけない場合には、許諾ソフトウェアを使用しないでください。

    許諾ソフトウェア:【SmartAR SDK 無償評価版】

    なお、許諾ソフトウェアの中には、SDNA以外のソフトウェアの権利者が定める使用許諾条件(Berkeley Software Distribution(BSD)を含みますが、これらに限られるものではありません)を伴うソフトウェア(以下「対象外ソフトウェア」とします)が含まれている場合があります。 対象外ソフトウェアのご使用は、各権利者の定める使用許諾条件に従っていただくものとします。
    本契約の対象となるお客様の製品は、許諾ソフトウェア、又はその構成要素の組み込み又はその他の利用によりお客様が設計、開発、作成したエンドユーザー向けのアプリケーション、またはその一部を成すソフトウェアまたはその他の著作物で、ソースの形を取るかオブジェクトの形を取るかは問わず、Android、iOSの2プラットフォームに対して、携帯電話、スマートフォン、タブレット等(以下、「当該端末」といいます)において使用可能なお客様の製品とします。(以下、「許諾製品」といいます)
    なお、エンドユーザーとは、許諾ソフトウェア、及び許諾製品を使用したソフトウェア開発以外の目的で許諾製品を使用することのできる個人または法人を意味します。

    第1条(総則)
    許諾ソフトウェアは、日本国内外の著作権法並びに著作者の権利及びこれに隣接する権利に関する諸条約その他知的財産権に関する法令によって保護されています。許諾ソフトウェアは、本契約の条件に従いSDNAからお客様に対して使用許諾されるもので、許諾ソフトウェアの著作権等の知的財産権はお客様に移転いたしません。
    第2条(ライセンス)
    • 1. SDNAは、日本国内における許諾ソフトウェアを利用した許諾製品の設計、開発、アセンブル、使用、テスト、または評価のために許諾ソフトウェアを本契約に従って使用する属人的かつ非独占的で譲渡不能な使用権をお客様に許諾します。
    • 2. お客様は、許諾ソフトウェアを許諾製品の評価目的において、お客様自身でのみ使用するものとして、Standard(有償)版(以下、「Standard版」とします)、及びEnterprise1(モバイル・有償)版(以下、「Enterprise1版」とします)の使用許諾契約締結の検討を行なうものとします。
    • 3. 許諾ソフトウェアは、お客様が所有し、管理するパーソナルコンピュータ(以下「指定デバイス」とします)1台にインストールすることができ、指定デバイスにインストールした許諾ソフトウェアが何らかの理由で使用不能となった場合に備えて合理的な数のバックアップコピーを作成することができるものとします。
    • 4. お客様が法人の場合には、許諾ソフトウェアは、お客様が使用する指定デバイス上で、許諾ソフトウェアの評価を行なう上で合理的な数の複製を作成しインストールし、使用することを許諾します。
    • 5. 許諾ソフトウェアは、お客様が個人である場合と法人である場合とを問わず、お客様ご自身、及びお客様が許諾ソフトウェアに関する業務を委託する第三者(以下「業務委託先」とします)の使用に限り許諾されるものとします。なお、ここでいう業務委託先については、お客様がお客様の責任において本契約と同等の義務、及び責任を負わせることを前提に許諾されるものとします。本契約の適用上、業務委託先の行為はお客様の行為とみなし、業務委託先が、本契約に違反し、又はSDNAもしくは第三者に損害を発生させた際には、お客様がその責任を負うものとします。
    • 6. お客様は、使用する許諾ソフトウェアについて、以下に定める条件を遵守するものとします。
      ①お客様は、許諾ソフトウェアをもってAndroid、iOSの2プラットフォームに限りお客様の製品の開発の評価ができるものとし、それ以外の用途には使用できないものとします。
      ②許諾ソフトウェアは、お客様がStandard版、Enterprise1版を購入するにあたり、事前にこれらの製品の評価を行うことを目的としており、お客様は、許諾ソフトウェアに配布することが禁止されていることを示すウォーターマークが組み込まれていること等の機能制限が設けられていることにつき、本契約第7条第1項の定めに加えて承諾しているものとします。
      ③お客様は、許諾ソフトウェアを利用し作成されたお客様の許諾製品について、本契約第3条の定めに加えて以下に定める場合において使用、複製、頒布をしてはならないものとします。
      ・許諾製品をそれ自体お客様の製品として有償、無償を問わず、お客様の顧客であるエンドユーザーがお客様の製品を購入可能な一般的な市場で配布、販売する場合(ここでいう一般的な市場とは、App Store、Google Play、Windowsストア等を指すものとしますが、これに限られずエンドユーザーが許諾製品を取得可能な配布、販売形態の一切を含むものとします。)
      ・お客様が、携帯電話、スマートフォン、タブレット等(以下、「当該端末」といいます)を製造する者、又は製造に関わる者である場合に、許諾製品を生産して一般に頒布することを前提として、エンドユーザーへの販売前、及び販売後に当該端末へ搭載、及び搭載可能な状態とする場合
      ・お客様が、許諾製品を消費者向け商品に付属する場合、又は商品と連動する形で許諾製品の配布を行う場合
      ・お客様が法人の従業員またはその契約業者である場合に、許諾ソフトウェアの評価を行なう目的ではなく、一般的な市場への配布を行なわない自社内設備、システム、アプリケーション等において利用する場合・お客様が許諾製品を、違法な目的、又はSDNA及び原権利者を含む他者に損害を与える目的で、作成、配布を行なう場合
      ・お客様の許諾製品が、未成年にとって有害であるもの、人種差別を増長するもの、猥褻であるもの、名誉毀損の可能性があるもの、他人のプライバシーを侵害するもの、又はそれらに限られずその他、他者の権利を侵害するものである場合
      ・以上の場合に留まらず、その他本契約の趣旨に反するお客様の許諾製品の配布、販売等の複製、頒布をお客様以外の第三者に対して行なう場合
    • 7. お客様が本契約に定めに従い、許諾ソフトウェアの使用が継続している期間を契約期間とします。
    第3条(権利の制限・再頒布の条件)
    • 1. お客様は、前条でSDNAが許諾する場合を除き、許諾ソフトウェアの全部又は一部を複製、複写したり、これに対する修正、追加等の改変をしたりすることはできないものとします。
    • 2. お客様は、許諾ソフトウェアの全部又は一部をネットワーク上で使用し、又はネットワークを通じて配布することができないものとします。
    • 3. お客様は、許諾ソフトウェアを再使用許諾、貸与又はリースその他の方法で第三者に使用させてはならないものとします。
    • 4. 許諾ソフトウェアは1つの製品として、指定デバイスにおける使用を条件に許諾されています。お客様は、許諾ソフトウェアの一部又はその構成部分を許諾ソフトウェアから分離して使用しないものとします。
    • 5. お客様は、許諾ソフトウェアを用いて、SDNA又は第三者の著作権等の権利を侵害する行為を行ってはならないものとします。
    • 6. お客様は、許諾ソフトウェアに関しリバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル等のソースコード解析作業を行ってはならないものとします。
    • 7. お客様は、許諾ソフトウェアの全部又は一部(コンピューターソフトウェア、サンプルプログラム、マニュアル、ドキュメントなどの関連書類及び電子文書並びにそれら複製、アップデート版、アップグレード版を含む)を譲渡、頒布、又は貸与してはならないものとします。
    • 8. お客様は、SDNAの事前の承諾なく、許諾ソフトウェアに設けられた機能制限を除去、改変その他の方法により回避してはならないものとします。
    第4条(許諾ソフトウェアの権利)
    • 1. 許諾ソフトウェアに関する著作権等一切の権利は、SDNA又はSDNAが許諾ソフトウェアの使用、再許諾を許諾されたソニー株式会社(以下「ソニー」とします)を含む原権利者(以下「原権利者」とします)に帰属するものとし、お客様は許諾ソフトウェアに関して本契約に基づき許諾されたライセンス以外の権利を有しないものとします。
    • 2. お客様は、本契約に伴い、SDNAの定める方法に従い許諾ソフトウェアの技術情報、並びに原権利者が商標権を有する、別紙Bに定める商標(以下「本商標」とします)に関する電子データ及び使用規程の提供を受けることができますが、当該技術情報、本商標については、以下の各号に定める事項の他、SDNAより提供された当該技術情報、本商標に関する使用規程(別紙A、別紙B、SmartAR Name & Logo Guideline等、その他別途SDNAより指示されたもの)に従うものとします。
      ①お客様は、本商標に関する権利の一切はSDNA又は原権利者に帰属することに同意するものとします。
      ②お客様は、お客様の許諾製品上、及び許諾製品の販売促進物、その他視認可能な広告宣伝目的の媒体上のみで、本商標を無償で非独占的に使用できるものとします。
      ③お客様は、前号に基づき許諾された権利に基づき第三者に再実施の許諾をしてはならないものとします。
      ④お客様は、第三者が本商標にかかる商標権を侵害している事実、又は侵害するおそれのあることを発見した場合、ただちにSDNA又は原権利者に通知するものとし、SDNA又は原権利者によるその侵害排除に合理的範囲内で協力することに同意するものとします。
      ⑤お客様は、SDNA又は原権利者が本商標にかかる商標権の権利保全を行うにあたって、本商標の使用の事実を証する資料をSDNA又は原権利者へ提出する等の協力することに同意するものとします。
      ⑥お客様は、直接又は間接を問わず、本商標にかかる商標権の有効性について争わないものとすることに同意するものとします。
      ⑦お客様は、直接又は間接を問わず、本商標およびこれに類似する標章について、商標出願その他登録申請を行わないものとします。
      ⑧お客様は、本契約に基づく本商標の利用が、お客様に本商標に関する何らの権利、資格または利益を生じさせるものではないことに同意するものとします。
    第5条(許諾ソフトウェアによる情報の収集)
    お客様による許諾ソフトウェアの使用は、指定デバイスのID番号や稼働状況等、およびお客様を個人として特定する情報の一切の情報をSDNAに送信するものではありません。SDNAのプライバシーポリシーについては、http://www.sonydna.com/sdna/privacy/index.htmlをご参照下さい。
    第6条(オープンソースソフトウェア))
    お客様は、対象外ソフトウェアには、①ソースコードの形式で又は無償で公に入手可能なソフトウェアを含むもの又はその派生物であり、かつ②本契約の規定と異なる定めの適用を受けるソフトウェア(対象となるソフトウェア及びその派生物をソースコードの形式で開示又は頒布する義務、対象となるソフトウェアを任意の第三者に対して自由に使用許諾させる義務等を含みますがこれに限られません。また、これには Berkeley Software Distribution(BSD)に基づいてライセンスされているソフトウェアを含みますがこれに限られません。)(以下「オープンソースソフトウェア」とします)が含まれることがあることを認識し、了承するものとします。お客様は、許諾ソフトウェアにオープンソースソフトウェアが含まれる場合には、それぞれのオープンソースソフトウェアのライセンス条件を遵守するものとします。
    第7条(責任の範囲)
    • 1. 許諾ソフトウェアは現状有姿で提供されるものであり、SDNA及び原権利者は、許諾ソフトウェアにエラー、バグ等の不具合がないこと、若しくは許諾ソフトウェアが中断なく稼動すること又は許諾ソフトウェアの使用がお客様及び第三者に損害を与えないことを保証しません。但し、SDNA及び原権利者は、当該エラー、バグ等の不具合に対応するため、許諾ソフトウェアの一部を書き換えるソフトウェア若しくはバージョンアップの提供による許諾ソフトウェアの修補又は当該エラー、バグ等についての問い合わせ先の通知を行うことがあります。 本項に定めるソフトウェア及びバージョンアップの提供方法又は問い合わせ先の通知方法はSDNA又は原権利者がその裁量により定めるものとします。また、SDNA及び原権利者は、許諾ソフトウェアが第三者の知的財産権を侵害していないことを保証いたしません。
    • 2. 前項のバージョンアップを含む、許諾ソフトウェアのバージョンアップ版、及びアップデート版については、本契約の対象ではありません。お客様がこれらのバージョンアップ版、及びアップデート版をご使用になる場合は、別途これらの契約に同意していただかなければなりません。
    • 3. 許諾ソフトウェアの稼動が依存する可能性のある、許諾ソフトウェア以外の製品、ソフトウェア又はネットワークサービス(当該製品、ソフトウェア又はサービスは第三者が提供する場合に限られず、SDNA又は原権利者が提供する場合も含みます)は、当該ソフトウェア又はネットワークサービスの提供者の判断で中止又は中断する場合があります。SDNA及び原権利者は、許諾ソフトウェアの稼動が依存する可能性のあるこれらの製品、ソフトウェア又はネットワークサービスが中断なく正常に作動すること及び将来に亘って正常に稼動することを保証いたしません。
    • 4. お客様に対するSDNA及び原権利者の損害賠償責任は、当該損害がSDNA又は原権利者の故意又は重過失による場合を除き、いかなる場合にも、お客様に直接且つ現実に生じた通常の損害に限定され且つ本許諾ソフトウェアの許諾が無償であることに鑑み500円を上限とします。
    第8条(用途の限定)
    許諾ソフトウェアは高度の安全性が要求され、許諾ソフトウェアの不具合や中断が生命、身体への危険、有体物又は環境に対する重大な損害に繋がる用途(例えば、原子力発電所を含む核施設の制御、航空機の制御、通信システム、航空管制、生命維持装置又は兵器)を想定しては設計されていません。SDNA、その関連会社及び原権利者は、許諾ソフトウェアがこれら高度の安全性が要求される用途に合致することを一切保証しません。
    第9条(第三者に対する責任)
    お客様が許諾ソフトウェアを使用することにより、第三者との間で著作権、特許権その他の知的財産権の侵害を理由として紛争を生じたときは、お客様自身が自らの費用で解決するものとし、SDNA及び原権利者に一切の迷惑をかけないものとします。
    第10条(著作権保護)
    • 1. お客様は、許諾ソフトウェアの使用に際し、日本国内外の著作権法並びに著作者の権利及びこれに隣接する権利に関する諸条約その他知的財産権に関する法令に従うものとします。また、許諾ソフトウェアのうち、著作物の複製、保存及び復元等を伴う機能の使用に際して、SDNAが必要と判断した場合、SDNAが、当該著作物の著作権保護のため、かかる許諾ソフトウェアによる複製、保存、復元等の頻度の記録をとり、状態を監視し、さらに複製、保存及び復元の拒否、本契約の解約を含む、あらゆる措置をとる権利を留保することに同意するものとします。
    • 2. お客様は、お客様がSDNA又はSDNAの指定する第三者のサーバーに指定デバイスを接続する際、 許諾ソフトウェアのセキュリティー機能の向上、エラーの修正、アップデートに伴い、許諾ソフ トウェアの機能が追加、変更又は削除されることがあることに同意するものとします。
    第11条(契約の解約)
    • 1. SDNAは、理由の如何を問わず、お客様に3日前までに通知することにより本契約を解約することができるものとします。
    • 2. SDNAは、お客様が本契約に定める条項に違反した場合、直ちに本契約を解約し、またはそれによって蒙った損害の賠償をお客様に対し請求できるものとします。
    第12条(許諾ソフトウェアの廃棄)
    第2条第7項、及び前条の規定により本契約が終了した場合、お客様は契約の終了した日から2週間以内に許諾ソフトウェアおよびその複製物を廃棄するものとします。
    第13条(第三者に対する責任)
    SDNAはSDNA所定のサイトでの告知又はその他SDNAが適切と判断する方法をもってお客様に通知することにより、本契約の条件を改訂することがあります。お客様はかかる改訂に同意しない場合は、本契約の条件改定の発効日前までに、SDNAにその旨を連絡するとともに直ちに許諾ソフトウェアの使用を中止するものとします。本契約の条件改訂の発効日以降のお客様による許諾ソフトウェアの使用をもって、お客様は改訂されたソフトウェア使用許諾契約書に同意したものとします。
    第14条(その他)
    • 1. 本契約は、日本国法に準拠するものとします。
    • 2. 第4条、第6条及び第14条の規定は本契約終了後も有効に存続するものとします。
    • 3. お客様は、許諾ソフトウェアを日本国内での使用に限るものとし、適用ある日本の法律、命令、並びに規則(外国為替および国際貿易管理法並びにそれらに基づく制令並びに省令を含みますが、これらに限定されません)、米国輸出管理規則その他の輸出関連法規に違反し、輸出または再輸出しないこと、並びに上記法令によって禁止されている目的に使用しないことを保証するものとします。
    • 4. 本契約の一部条項が法令によって無効となった場合でも、当該条項は法令で有効と認められる範囲で依然として有効に存続するものとします。
    • 5. 本契約に定めなき事項又は本契約の解釈に疑義を生じた場合は、お客様及びSDNAは誠意をもって協議し、解決するものとします。

      以上



    別紙A(技術表示)
    • 1.表示内容
      1)単独説明
      「SmartAR」は、ソニー株式会社が開発した拡張現実感技術です。
      2)許諾製品(商品/ビジネス/ソフト)を説明する文言との組合せ 「(対象物)」は、ソニー株式会社が開発した拡張現実感技術「SmartAR」により実現しています。
      3)許諾製品におけるSmartAR [の**機能]を使った新たなFeature Nameを説明する文言の場合
      「(対象仕様)」は、ソニー株式会社が開発した拡張現実感技術「SmartAR」[の**機能]により実現しています。
    • 2.表示方法
      1)表示場所
      ・許諾製品に関するプレスリリース内
      ・許諾ソフトウェアを組み込んだ許諾製品の紹介ウェブページ内
      ・許諾ソフトウェアを組み込んだ許諾製品上
      2)技術名称“SmartAR”を普通書体で表示する場合には、表示する場所を問わず引用符(“”など)で囲むか、太字で示すか、(R)を付記する。
      例)“SmartAR”
      SmartAR
      SmartAR®

      以上



    別紙B(本商標の使用方法)
    • 1.本商標
    • 2.使用方法
      許諾製品に関する印刷物やウェブサイト等において、使用技術に応じ、商標表示と共に以下の記載をするものとする。
      1)単独説明
      「SmartAR」は、ソニー株式会社の日本国内及びその他の国における登録商標または商標です。
      2)許諾製品(商品/ビジネス/ソフト)を説明する文言との組合せ
      「SmartAR」は、ソニー株式会社の日本国内及びその他の国における登録商標または商標です。

      3)許諾製品におけるSmartAR [の**機能]を使った新たなFeature Nameを説明する文言の場合
      「(対象仕様)」及び「SmartAR」は、ソニー株式会社の日本国内及びその他の国における登録商標または商標です。

      各技術名称を普通書体で表示する場合には、表示する場所を問わず普通名称化を防止するため、引用符(“”など)で囲むか、太字で示すか、(R)を付記する。
      例)“SmartAR”
      SmartAR
      SmartAR®

      商標表示に関する記載は別紙Aの技術表示に関する記載と併せて表示するものとする。
      商標の扱いに関しては、別途提供する「SmartAR Name & Logo Guideline」に準ずること。

      以上

    個人情報の取り扱いについて

    1.個人情報の収集者名
    ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社 ビジネス推進部
    2.収集する個人情報
    ダウンロードの際に承る、氏名、会社名、部署名、役職、Eメールアドレス、電話番号等
    3.個人情報の利用目的
    • (1)お問い合わせに対する回答
    • (2)製品・サービスの改善
    • (3)今後の商品企画の参考
    • (4)統計資料の作成
    • (5)広告・宣伝・販売促進活動(電子メールやダイレクトメール等により、製品やサービス、展示会・各種イベントのご案内を差し上げることがあります)
    • (6)アフターサービス等顧客サポート(登録、本人認証、緊急連絡等での利用を含む)
    • ※当社は、お問合せ関連業務の一部をソニーグループ外の会社へ委託しております。
    4.共同利用について

    当社はお客様にご入力いただきました個人情報につき、以下の通りソニー株式会社及び販売店と共同して利用する場合があります。

    • (1)共同利用の対象となる個人データの項目
      上記2.のとおり
    • (2)共同利用の範囲
      ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社とソニー株式会社、サイバネットシステム株式会社
    • (3)共同利用者の利用目的
      上記3.のとおり
    • (4)共同利用される個人データの管理について責任を有する者
      ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社
    5.入力必須とさせていただいた情報のご提供がない場合について
    入力必須とさせていただいた情報のご提供がない場合には、サービスの提供に応じられない場合がございますので、ご了承ください。
    6.個人情報の開示等のご請求について
    当社は、個人情報に関する開示等を求められた場合、提供者ご本人であることの確認後、個人情報の内容確認、修正及び更新、削除、また利用及び開示に関する同意の一部、あるいは全部の撤回について、法令に基づき速やかに応じます。
    7.個人情報に関するお問い合わせ窓口
    個人情報に関する開示、訂正(追加・削除)、利用停止、利用目的の通知依頼、及び苦情・ご相談などにつきましては、以下の窓口までご連絡ください。
    窓口名 :ビジネス推進部 (050-3750-1895) ※平日10:00-17:00
    8.個人情報の安全管理措置等について
    お預かりした個人情報はその利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つよう努め、不正アクセス、改ざん、漏洩等から守るべく適切な安全管理措置を講じます。また法令により例外として認められる場合を除き、ご本人の同意を得ることなく第三者への開示、提供は行いません。
    9.クッキー、ウェブビーコン、その他の類似技術の使用について
    当社における、クッキー、ウェブビーコンその他の類似技術の使用については、「ウェブサイトでの情報の取り扱いについて」をご参照ください。
    10.その他、個人情報の取り扱い方針について
    当社における個人情報の取り扱い方針につきましては、「プライバシーポリシー」をご参照ください。
    11.お子様からの情報の収集
    当社は15歳未満のお子様からの個人情報の収集は行いません。
    上記の同意の上、ダウンロードフォームに進む

    ※ダウンロードフォームに進む場合は、株式会社セールスフォース・ドットコムのページへリンクします。

購入・お問い合わせ

SmartAR® SDKの購入、商品内容の詳細についてはこちら

販売店サイトを見る

※これより先は、サイバネットシステム株式会社のページにリンクします。

販売店について
サイバネットシステム株式会社※これより先は、サイバネットシステム株式会社のページにリンクします。

よくあるご質問

Q "SmartAR" SDKの製品詳細、価格、購入に関するご質問
製品に関するご質問については、こちらをご確認ください。
Q "SmartAR" SDKの使い方についてのご質問
使い方についてのご質問については、こちらをご確認ください。(サイバネットシステム株式会社のページにリンクします。)
Q 評価版の機能制限について、どのような機能が制限されますか?
評価版では、カメラ画像に"SmartAR"のロゴが常時表示されます。
Q 評価版に利用制限はありますか?
はい、評価版の利用に関しては、利用規約に同意の上、記載されている制限のもとご利用いただく必要がございます。利用規約についてはこちらからご確認ください。
Q 過去バージョンのSDKをダウンロードすることはできますか?
できません。SDKは最新版のみ、ダウンロードすることができます。
Q SDKバージョンアップの案内などを受け取ることはできますか?
サイバネットシステム株式会社が発行するこちらのメールマガジンより、"SmartAR" SDKの更新に関するご案内をお送りしています。※"SmartAR"SDK以外の情報もお送りしています。(サイバネットシステム株式会社のページにリンクします。)
Q 販売代理店経由以外に購入手段はありますか?
いいえ、代理店経由での販売のみとなります。

もっとを見る