SONY

採用情報 | よくあるご質問

採用情報TOPへ戻る

会社について

社員の平均年齢は?
約40歳です。(2016年4月現在)
男女の構成比率は?
社員のみでは男性が90%、女性が10%です。(2016年4月現在)
今後、女性社員の採用にこれまで以上に積極的に取り組んでいく予定です。
ソニー株式会社からの出向者数は?
72名です。(2016年4月現在)

業務内容について

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社(以下SDNA)の事業内容を教えてください。
SDNAは、ソニーグループで唯一のソフトウェア開発の専門会社です。 組み込み系開発、アプリケーション開発、セキュリティソリューションの提供など、様々な事業に取り組んでいます。当社のメインの事業となる組み込み系開発では、ウォークマン、サイバーショット、α(アルファ)などを筆頭に、ソニーの様々なコンスーマーエレクトロニクス機器に搭載されるソフトウェアを開発しています。
また、セキュリティ分野では、Android アプリケーションの脆弱性検査ツールの開発・販売など、ソニーで培ったセキュア開発のノウハウを活かして、安心・安全なネットワーク社会の実現に貢献しています。
近年ではVRライブ配信ソリューションなど、独自のサービスも提供しています。
どのようなプラットフォームで開発を行っていますか?
SDNAとしては開発ターゲットのOSは問いません。プロジェクトに合うプラットフォームを常に選択し、開発しています。
ソニー株式会社のソフトウェア設計部門との関係、役割分担はどのようになっていますか?
ソニー株式会社のソフトウェアエンジニアとの役割分担はあらかじめ決められているわけではなく、製品・プロジェクトによって異なります。
例えば、ウォークマン開発は、機種によっては製品の企画段階から参加するなど、SDNAのエンジニアが中心となって開発を担当することもあります。
企画に興味があるのですが、ソニー製品の企画に携わることはできますか?
ソニー製品の企画はソニー株式会社で行われるので、SDNA社員が直接担当することはありませんが、製品のコンセプト作りや仕様の策定、技術調査など、初期段階から開発に関わることが可能です。SDNAが持つソフトウェアの力で新たなコンセプトを生み、新製品の開発につなげたり既存の製品の付加価値を高めたりすることもできます。
研究開発(R&D)を行っている部署はありますか?
長い期間をかけて製品化実現などを目指す、いわゆる研究開発部門はありませんが、メディア技術やUX設計技術、ローカライズ技術などで、製品開発に必要な技術を開発したり、高い専門性で貢献する人材が集まっている部署があります。
英語を使う機会はどのくらいありますか?
開発に必要なドキュメントは英語の場合が多く、海外の会社とのやり取りや出張もあります。今後はソフトウェアの世界でもグローバル化が進み、海外のエンジニアとの開発が当たり前になって来る為、英語の勉強は必須となると考えています。

人事制度について

評価制度はどうなっていますか?
SDNAの人事制度では、社員の現在の役割に基づいて付与される「ジョブグレード」を中核に据え、これに連動させた、評価・登用・育成・処遇などの諸施策を運用しています。具体的には、ジョブグレードごとに成果の大きさを測る「実績評価」とSDNA社員に求める行動の実践度を測る「行動評価」の2軸で評価を実施します。
キャリア支援制度はどうなっていますか?
SDNAのキャリア支援の根幹となるのが、『Career Vision』制度です。
課長(上司)とともに1年間の業務と実績を棚卸し、1~3年という中期的な視点に立って「どのような専門性やスキルを高めたいか、どのような役割(立場)で仕事に取り組んで行きたいか」という本人の希望と「どのような人材に成長して欲しいか」という課長(上司)の期待の両方すり合わせを行いながら、キャリアプランを描きます。この話し合いの結果を今後の業務アサイメントの際に参考資料とします。
社内研修の制度はありますか?
SDNAでは入社時を除いて(新入社員研修)、自分自身で学習・成長していく、「自律したプロフェッショナル」であることが求められます。
社員は必要に応じてソニー株式会社の研修制度を活用したり、エンジニア自身が自主的に主催する社内勉強会『Meister Seminar』を通じて技術力を高めています。
新入社員用の研修はどのようなものですか?
まず入社前の準備として、内定期間中からヒューマンスキルや技術の研修を行います。入社後研修は社会人としての基礎的な内容から入ります。最初の1週間は、オリエンテーション、ビジネスマナー研修などを行い、社会人としての自覚を高めます。第2週目からは技術研修がスタート。社内のマネジメントや第一線で活躍するエンジニアが独自の教材を準備し、社内技術やプロジェクト運営、専門部隊の機能などを説明します。同時に現場で活用できる基礎的な開発プロセスやプログラミング実習をこなすことで実際のプロジェクトに備えます。3ヶ月後、いよいよ配属となり、先輩社員がマンツーマンで指導しながら徐々に実際の開発に慣れるよう継続的に指導して行きます。(管理部門に関してもプログラミングの実習がない点を除いては同様です)
残業(超勤時間)はどのくらいありますか?
平日の超勤時間が1ヶ月35時間以内となることを目処に勤務を行っています。SDNAではソフトウェアエンジニアの大半は裁量労働制で勤務していますが、所定労働時間を基準として一定時間以上の勤務(月100時間超、または2~6ヶ月平均で80時間)を行った場合には、医師による面接指導など健康面でのサポートを行っています。

新卒採用について

採用にあたり、専攻は問われますか?
専攻は不問ですが、ソフトウェアエンジニア職に関しては、基本的なプログラミング能力があることを応募要件としています。入社時に新入社員研修は実施しますが、 SDNAでご活躍いただくためにはプログラミングに対する基礎的な知識を習得していることが前提となります。
選考へ応募するには、会社説明会への参加が必須でしょうか?
必ずしも応募(エントリー)の前に参加する必要はありませんが、会社への理解を深めてもらう為、選考に入る前に参加していただくようにしています。
1次選考への参加が早い方が、選考に優位性があるのでしょうか?
時期によって判断の基準が変わることはありません。しかし、選考期間が限られていますので、早めにご応募ください。
入社後の配属は希望通りになりますか?
最終配属決定は、適性および会社としての必要性を勘案し会社が決定します。プロフェッショナルの育成という観点から、できるだけ本人が納得できる配属となるよう心がけています。
会社見学はできますか?
開発現場は機密保持のため、実際の職場をご覧いただくことはできません。会社の雰囲気や開発環境をお伝えできる機会として、先輩社員が参加する会社説明会を予定しています。質疑応答の他、懇談会の時間も設けさせていただきます。

上記以外の採用に関するお問い合わせ

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社は、お問い合わせに際し、ご入力いただいたお客さまの個人情報を以下のように取り扱います。以下をお読みいただき、ご同意いただけましたらお問い合わせにお進みください。

個人情報の取り扱いについて
  1. 個人情報の収集者・利用者・管理責任者名
    ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社 採用担当
  2. 収集する個人情報
    お問い合わせの際に承る、氏名、Eメールアドレス、電話番号等
  3. 個人情報の利用目的
    いただいたお問い合わせへの回答にのみ、利用いたします。
    ※当社は、お問合せ関連業務の一部をソニーグループ外の会社へ委託しております。
  4. 入力必須とさせていただいた情報のご提供がない場合について
    入力必須とさせていただいた情報のご提供がない場合には、サービスの提供に応じられない場合がございますので、ご了承ください。
  5. 個人情報の開示等のご請求について
    当社は、個人情報に関する開示等を求められた場合、提供者ご本人であることの確認後、個人情報の内容確認、修正及び更新、削除、また利用及び開示に関する、同意の一部、あるいは全部の撤回について、法令に基づき速やかに応じます。
  6. 個人情報に関するお問い合わせ窓口
    個人情報に関する開示、訂正(追加・削除)、利用停止、利用目的の通知依頼、及び苦情・ご相談などにつきましては、以下の窓口までご連絡ください。
    • 窓口名 :採用担当
    • ご連絡方法:当フォームよりご連絡ください。
  7. 個人情報の安全管理措置等について
    お預かりした個人情報はその利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つよう努め、不正アクセス、改ざん、漏洩等から守るべく適切な安全管理措置を講じます。また法令により例外として認められる場合を除き、ご本人の同意を得ることなく第三者への開示、提供は行いません。
  8. クッキー、ウェブビーコン、その他の類似技術の使用について
    当社における、クッキー、ウェブビーコンその他の類似技術の使用については、「Cookieポリシー」をご参照ください。
  9. その他、個人情報の取り扱い方針について
    当社における個人情報の取り扱い方針につきましては、「プライバシーポリシー」をご参照くださ い。

上記へ同意のうえ、お問い合わせに進む  同意しない

※お問い合わせに進む場合は、株式会社セールスフォース・ドットコムのページへリンクします。