SONY

2013/02/04 動画の舞台裏



million momentsのデモムービーはもうご覧になりましたか?


今回は、このムービーのメイキング風景をmillion momentsのページにのせて紹介します。




このデモムービーは昨年5月の公開以降26万回以上も再生されました。ところで、動画の中でお父さんがどこに出てくるかわかりますか?


※今回の記事の画像はiOS版を使用しています。Android版とは一部異なりますのでご了承ください。



posted by Aki | カテゴリー: 裏話 |  前の記事

2012/08/30 PVのお母さん役、宮下ともみさんとランチ (後編)


前回に引き続き、PV のお母さん役である宮下ともみさんとのランチでのお話しを紹介します。 なるか、海外ロケ!?

PVはこちら
----

--Miyashita   私も結構アプリの宣伝してます。知り合いのお店に置いてもらったりして。

--Gokaichi   おお、そうなんですか。ありがとうございます。

--Miyashita   みんなの評判もいいですよ!私自身も使ってるんですけど、整理してくれるのがいいですよね。

私もブログをやっていて、何千枚っていう写真があるんですよ。このアプリを使うと簡単に振り返れるし、ペットや仕事の写真を分けられるのでいいですね!あと、日付がわかるのも素敵です。

--Aki   もしよければ見せていただいていいですか?

--Miyashita   え、それやばいです、ちょっとまずい写真も入ってるから…すみませーん、マネージャー確認お願いします!

--Gokaichi   ほんとに使ってるんですね笑

--Miyashita   ほんとに使ってるんですよ!

(しばし確認タイム)

--Miyashita   うちのワンちゃんの「ヒナ」です!

--Aki   かわいい!

--Gokaichi   ミニチュアダックスは足が短いのがいいですよね。

--Miyashita   ほんとは私、胴が長いし顔も長いしあまり好きではなかったんですけど、飼ったらもうダックスが一番かわいいってなりますね。

--Gokaichi   他はどんなふせんで整理していますか?

--Miyashita   他は姪っ子ちゃんとか仕事とか…。

--Gokaichi   ヘビーユーザーですね!

--Miyashita   めちゃくちゃつかってますよー!写真撮ったら million moments に入れるようにしてます。

--Gokaichi   宮下さん、僕より使ってますよ。

--Aki   そんなこと公言しないでくださいよ!


--Miyashita   やっぱりデザインが素敵ですよね。

--Gokaichi   ありがとうございます。ページを Twitter とか Facebook で共有したりしますか?

--Miyashita   え、アップロードできるんですか?

--Aki   できますよ!こうすると… (やり方はこちら)

--Miyashita   おお!あと、表紙変えたりできます?

--Aki   この記事がアップされる頃にはできるようになります!

--Miyashita   うれしい!変えたくなったことがあったんですよー。


--Gokaichi   そういえば PV 撮ろうって言ったの誰だっけ?

--Aki   自然発生的にですかね。他のアプリもPVから火がついたりしてるので。

--Miyashita   最近はテレビもそうですがネットの方が見られてますもんね。

--Aki   そうそう、アジア圏の Google Play のトップに million moments が出てたんですよ。

--Miyashita   すごーい!

--Aki   「お母さんキュート!」「お父さんが死んでしまっているなら僕が結婚する!」みたいなコメントが各国で出てたりするんですよね。

--Miyashita   笑

--Aki   million moments も PV も、欧米でもっと流行らせたいですね。


--Gokaichi   宮下さん、最近どんな仕事をされてますか?

--Miyashita   映画 BRAVE HEARTS海猿に出てます! CAのチーフパーサー役をやりました。

--Gokaichi   おお、えらい役職だ!機内アナウンスされたりする人ですよね。

--Miyashita   映画の中ではアナウンスされるシーンは入っていませんけどね…。

--Aki   次こんな仕事がしたいとかありますか?

--Miyashita   うーん、あ、この続編をしたいというのが願いです!!

(一同爆笑)

--Aki   次回は海外ロケしましょうか。笑

--Miyashita   いいですね!次はパパも出しましょう!


----

ブログ記事として編集するとこんな感じなのですが、実際のランチは雑談ばかりで笑いっぱなしの楽しい時間でした。 million moments に関わってくれる方はいい人が多く、仕事にも関わらずいつも素敵な時間を過ごすことができます。 宮下さん、ありがとうございました。次回はパリで撮影しましょうね (嘘です)。では!

宮下ともみ

1982年4月30日生まれ
北海道出身
青年座映画放送株式会社所属

主な出演作
映画「BRAVE HERTS 海猿」、「ハヴァ、ナイスデー~大安吉日」、「稀人」
テレビ「鈴子の恋」CX、「鈴木先生」TX、「ウルトラマンネクサス」CBC
声「コクリコ坂から」など


posted by gokaichi | カテゴリー: 裏話 |  次の記事  |  前の記事

2012/08/27 PVのお母さん役、宮下ともみさんとランチ (前編)


先日、million moments スタッフと PV のお母さん役である宮下ともみさんとランチしながら、PV の裏話や million moments の使い方についてお話をしてきました。

まずは PV の裏話からスタートです。

----

--Gokaichi   PV って何万ぐらい見られてるんでしたっけ?

--Aki   この前見たとき 18 万ぐらいだった気がします。 (注:今日現在20万 PV を突破しています)

--Miyashita   おー、すごいですね。私も何回も見ましたけどね。笑

--Gokaichi   まずはできあがった PV の感想を教えていただけますか?

--Miyashita   いやー結構みんなの反応がよくて、いつものイメージとちょっと違うって言われたんですよね。「ちゃんとお母さんになってる」って。

--Aki   普段はお母さん役はやらないんですか?

--Miyashita   あんな爽やかなお母さんじゃなく、ちょっとかわいそうだったり影のあるお母さん役が多かったんですよ。

--Aki   Youtube のコメントだとシングルマザーっていう噂が立ってますね。

--Gokaichi   コメントで一番多いのは「お父さんどこ?」ってのですよ!

--Miyashita   気になりますよね。ちゃんとお父さんも出てますよ!旅行に行くシーンがお蔵入りになったじゃないですか。あれが使われてたら違ってたんでしょうね。

--Gokaichi   あれは監督のご意向で。笑


--Gokaichi   撮影のときのこと覚えてますか?

--Miyashita   覚えてますよー。天気よかったですよね。川辺が気持ちよかったです。

--Aki   そうそう、気持ちよかったですよね。

--Gokaichi   宮下さん、犬のアドちゃんにあまり好かれてなかったですよね…

--Miyashita   そうなんですよ!飼い主のところばかり行って私のところに全然来てくれなかったんですよ!追っかけまわしちゃいましたよね。

--Aki   確かに。笑

--Miyashita   撮影はすごく楽しかったですね。プロモーションビデオって私あまりやったことがなくて、アプリもどういうものかも聞いてなかったので、どういう撮影になるのかと思いつつ。

--Gokaichi   スタッフもプロではなかったですもんね。

--Miyashita   いえいえ、全然初めてな感じがなかったですよね。すんなりと進んで。


(PVを見ながら)

--Aki   お気に入りのシーンはありますか?

--Miyashita   最後に子供の成長を振り返っているシーンが好きですね。ロウソクが消えるところの演出が、もうこれニクイですね!!

--Gokaichi   きれいですよね。このシーンの撮影のときも素敵だった記憶があります。みんなでほんとにハッピーバースデーの歌を歌ったんですよね。

--Miyashita   そうですね。ケーキ食べながら。撮影の雰囲気がいいと映像にも出てきますよね。

--Aki   音声を録らない PV だったから、みんなで盛り上げながら撮ってましたもんね。

--Miyashita   うん、楽しかった!


----

前編はここまでです。後半はアプリの使い方や感想について紹介します。(後編へ続く)

posted by gokaichi | カテゴリー: 裏話 |  次の記事  |  前の記事

2012/07/24 million moments ができるまで(後編)


前回に引き続き、million moments ができるまでの裏話をお届けします。今回は後編です。

前編はこちらから > million moments ができるまで(前編)


使って欲しい人は「編集作業に時間をかけたくない人」ですね。

--gokaichi(以下gk)  やっぱり女の人向けに作りたかったの?

--aki  あまり意識していないです。どっちかっていうと性別とかに関わらず受け入れられるデザインにしたくて。 ナチュラルな感じって女性の間で人気ですけど、でも男性でもやっぱり受け入れてくれる土壌はあるなって。IKEAとか無印とか男性も好きじゃないですか。だから女性向けを狙ったのではなく万人向けをねらったらああなった、という感じです。

--gk  このアプリはどんな人に使ってもらうために作った?

--aki  メインは、忙しいけど何か大切なものがある人。写真を撮って見返したいなっていう気持ちのある人だったら誰でも使ってもらえると思ってます。 時間のある人は頑張ってガリガリ編集するんですけど、やっぱり「取り込むだけで簡単に見られる」みたいなのがあればいいな、っていう人も絶対いるはず。なので、使って欲しい人は「編集作業に時間をかけたくない人」ですね。

--gk  確かに、凝ったやつはいっぱいあるんだけどね。

--aki  そうなんですよね。コラージュを作るアプリもたくさんあるんですけど、時間とセンスが必要なんですよ。あと結局いつか挫折する。誰が使っても美しく、みたいなのって無いなーって。

--gk  スタンプ系のアプリとかかわいいのはいっぱいあるんだけど、このアプリみたいに年齢層幅広く「いいね」って言ってもらえるデザインになってるのはすごいと思う。これを狙ってやってたのがすごいよね。


自分のために撮ったんだから自分のために見ていきましょうよ

--aki  あらためて思うんですが、このアプリは写真を残していきたい人、残すべきものがある人に使ってほしいですね。

--gk  そうだね。あと、写真撮ってるけど整理とかしなくていいよって人にも使ってほしいです。 今のままで十分だよって人。価値観変わるよ!まとまってるっていいよ!って言いたい。

--aki  わたし本当は、Facebook や Twitter で写真を共有するのに抵抗がある人に使ってほしいですね。人に見せるためとか「いいね!」もらうためじゃなくて、自分のために撮ったんだから自分のために見ていきましょうよ、ってアプリなので。

--gk  うん、すごいわかるそれ。最近の写真系アプリはどれも共有しようって流れだけど「自分のための思い出を大切にするアプリ」ってあんまりないもんね。このアプリのメインはシェアしたくなることじゃなくて、あくまで思い出を振り返ること。

--aki  思い出を振り返るような習慣、ライフスタイルを million moments を通して体験してもらえれば。それがあって初めて共有したい気持ちが生まれると思うので。

--gk  お、いいまとめだね!そろそろインタビューも締めかな。


いっぱい写真と撮って、いっぱい取り込んで、毎日ページをめくって

--gk  じゃあ最後に、読んでくださっている方へのメッセージをお願いします。

--aki  million moments はアルバムを成長させることで良さを実感いただけると思います。いっぱい写真と撮って、いっぱい取り込んで、毎日ページをめくって、みなさんの思い出をより大切にしていただければと思います。

--gk  このアプリは作っている人みんなが「これはいいアプリだ」「自分も欲しい」って言いながら作られたアプリです。 細かいところのチューニングとかもっと必要だけど、思い出を振り返ることについては自信を持って皆様へ送り届けることはできるアプリだと思います。

--aki  エンジニアの一人一人に至るまで「誇り」をもって作ってました。

--gk  誇りまではわかんないけど、まあ、愛はあったね。愛情がこもってる。

--aki  でも愛情をこめられたのは、「撮る増くん」っていうプロジェクト名がよかったからですね!

--gk  え、これがオチかよ!!


----

いかがでしたでしょうか。 インタビュー用の写真撮影で照れまくりだった aki は、みなさまの思い出を大切にするサポートができるよう、今もバージョンアップの構想を練っています。 まだまだ足りないところが多々あるアプリですが、million moments をこれからもよろしくお願いします。

次回からはいつもどおり、ゆるりとアプリの紹介をしていきますね。では!


posted by gokaichi | カテゴリー: 裏話 |  次の記事  |  前の記事

2012/07/19 million moments ができるまで(前編)


今回は趣向を変えまして、million moments ができるまでの裏話をお届けします。 わたくし gokaichi がアプリの発案者である aki にインタビューしてきました! 仕事へ向かう姿勢、アプリへのこだわりなど、aki の熱い情熱を感じることができます。同年代女子のみなさま、必見です。


だから、1年弱

--gokaichi(以下gk)   この企画はいつから始めたんだっけ?

--aki   丁度この企画を思いついたのが6月2日なんですよ。だから、1年弱。

--gk  もしかして、この企画の日記つけてんの?

--aki  まあ、最初はやる気があったんで…私これで本を書くつもりで。

--gk  笑

--aki  でも途中で挫折しかかったときはメモとかもとらなくなっちゃったんで、暗黒の時代になってますね。

--gk  挫折した時代があるんだ。その期間ってどれぐらい?

--aki  半年ですね。なかなかゴーサインが出なくて。

--gk  長いね!笑

--aki  その期間に機能のブラッシュアップとか、社内の仲間を作る工作をしたりとか。でも、誰も仲間になってくれなくて…という期間でしたね。

--gk  社内ベンチャーみたいなのって、やる気のある人を集めるのが一番大変だもんね…。

--aki  このアプリは今までと違ってメディアの最新の技術を駆使するようなアプリではないから、SDNA (弊社の略称です) としてやる意味あんの?みたいな意見もあって。そりゃ最新の技術を使いたいのはわかるけど、使いたいのとユーザーが欲しいのとは全然別の話。

--gk  お冠に Sony ってのがあるから、最新の技術が使われてることをユーザーがぼんやりと期待してるのも確かなことで、そのあたりのさじ加減はみんな難しいと思ってるよね。だから、今回のアプリってデザインとかソニーっぽさが無いっていうか。デジタルデジタルしてないっていうか、グラデーションかかってうにゃーみたいなやつじゃなくて。

--aki  そうですね。でもやっぱりシンプルなところとかソニーっぽくもあります。

--gk  お上品だよね。

--aki  雑然としていない。


私こんないい写真撮ってたんだ!と思って。

--gk   このアプリの気に入ってるところはどこですか?

--aki   写真を入れたらすぐ楽しめるという単純さで、それでも深く使いたい人はコメント入れたりふせんを付けたりしてカスタマイズすることもできる。 そういうバランス感がとれていて、付き合い方が選べるのがいいなと。やっぱり毎日使ってほしい、毎日見てほしかったんです。だからユーザーに面倒を強いない方向にしたくて。

--gk  ページのデザインそのものはどう?

--aki  ページはかっこいいですよね。コメントいれるともっとかっこいいんです。ちょっと手間ですけど。あと、このアプリを使ってみて思ったのは、子供の写真はもちろん楽しいんですけど、 今まで見返すことのなかった風景の写真が案外楽しいなと思って。

--gk  そうだね。

--aki  Facebookとかtwitterのタイムラインに流れたら見なくなってた写真をもう一回見ることができて、 しかもかっこいいレイアウトの中に入っているのが素晴らしいなと。私こんないい写真撮ってたんだ!と思って。

--gk  気に入っているといえば、おれPVが好きなんだよね。PVすげーいい。あれはかなりいいと思うよ。好みなだけかもしれないけど、すごい上手だよね、展開が。音楽も含めて。PV を最初見たときは半泣きしたね。

--aki  私の友達でもあのPV見てほしくなったって人いっぱいいます。リンク分析してもPVは反響が大きいです。いいPVですよ。


スクラップブックで見たような世界感でやりたいっていうのを紹介してもらって、確かにおもしろい仕事かもなって。

--aki  このアプリの企画を聞いたときどう思いました?

--gk  よくあるアプリだなと思いました。

--aki  gokaichi さんが「よくあるアプリ」とちょっと違うなと思うようになったのって、どのへんが転機になりました?やっぱデザインが出てきたとき?

--gk  最初?aki ちゃんのスクラップブック見たときかな。

--aki  ほお。

--gk  企画を聞いたときはナチュラルなテイストでやるんだろうなーと思ったけど、確信がなかったんだよね。 固めのデザインでくるかもなと思ったりして。 でも、スクラップブックで見たような世界感でやりたいっていうのを紹介してもらって、確かにおもしろい仕事かもなって。

--aki  スクラップブック、てきとーに作ったものなんですけど…。

--gk  ああいうのすごい大切だと思うよ。モノを作るときに (仲間へ) コンセプト伝えることが最初の作業だと思うけど、スクラップブックとか、ユーザー像を説明するために「こんな雑誌読んでる人」だとかが結構用意してあって、かなり良かったと思う。

--aki  ほんと、開発は初めてだったので、手探りでいろいろ動いてみてよかったなと今思いました。

----

million moments ができるまで(後編)へ続く。


posted by gokaichi | カテゴリー: 裏話 |  次の記事  |  前の記事

million moments


million momentsは、大切な写真を雑誌風の美しいレイアウトで楽しく振り返るためのフォトビューアーアプリです。
million moments million moments 公式Twitterアカウント
facebookページ


カテゴリー


アーカイブ
RSS